盆栽・家庭菜園・山歩き・ツーリング大好きの猛虎ファンです
2017年08月19日 (土) | 編集 |

 8月19日  (土)  霧雨   NO、1188
 甲子園では盛岡大付が大活躍です、初戦の作新学院に勝って勢いが付いたようです。まさかがまさかです、作新学園の監督に「バットスピードが速い」と言わせただけあり、素晴らしい打撃です。この勢いだと?も夢でなさそうですが、プレッシャーをかけずに見守りましょう。

 今日も霧雨交じりの17度の朝で、ヤマセが吹き込んできています。正虎はズボン下を出してもらい、山での寒さに備えます。何日も続くこんな夏も珍しく、10日から18日までの宮古の平均気温はなんと20、1度です。昨年の同期間は26,2度ですが全然違うものです。盛岡に暫く過ごしていた友人は、帰ってきてストーブを付けたと笑っていました。洗濯物も乾かずコインランドリーは朝5時から営業とか、変なところに需要が出来ているのもうなずけます。明日は午後から晴れマークですが期待しましょう。




 Sさんの短歌  NO、598
 海 岸 に 繫 ぎ し 船 に 松 飾 り
  供 え て 祝 ふ 旗 な び き つ つ




DSCN1083.jpg

DSCN1084.jpg
 藤井4段のニュース以降、これにはまってやっとレベル24まで来ました。佐倉のじいさまがインストールしてくれたものですが、どこまでいけるか楽しみです。レベル24も7回くらいにチャレンジですが、コンピューターは絶対自分から仕掛けてこなく、考える時間も長いです。せっかち正虎も見習いましょう。


DSCN1115.jpg
 お盆に息子が帰省の時に飲み交わした貴重品?ですが、昨日で空になりました。


DSCN1120.jpg
 我が家のベランダから見える山もヤマセで煙っています。


DSCN1119.jpg
 同じく蛸の浜もです、今年はウニの口開けも少なく宮古で5割高、東京は8割高とでかうなずけます。8月は一度も口開けなしは初めてでしょう。


DSCN1118.jpg
 こんな天気でもライダーが来てくれています、なあどで見かけ話をしますが京都から青森まで行き、今日南下し帰るそうです。学生さんですが雨には参ったと言ってます、気の毒なツーリングですが若い人がうらやましいですね。正虎も友人H氏と北海道ツーリングの時、函館から札幌まで雨だったことを思い出しました。
 気つけてを帰ってと声掛けし別れます。



DSCN1116.jpg

DSCN1117.jpg
 来月からスタートのトロール漁に備え準備をしています。船員さんに話を聞くと、言葉使いのいい船員さんで昔と全然違うのに驚きでした。いよいよトロール魚が台所に出回ります。

2017年08月18日 (金) | 編集 |

 8月18日  (金)  雨   NO、1187
 お盆の時の孫の写真をプリントです、今回は屋外が少なくコンデジでのみの写真です。仕訳をし東京にも発送明日咲美が来た時渡して写真は完了です。

 山田町の公民館に「伊能大図パネル展」を見に行きます。歴史に興味というより地元の山田や宮古がどのように描かれているか見たかったためです。当時の宮古や山田の世帯数なども書いてあり興味深く見て来ました。200年以上も前に測量や記録をしよくやったものです。
 帰り船越にある道の駅に寄りますが、早くも秋の味覚マツタケが出ています。今年は早そうだと話していましたが5000円です。よだれを流して眺めるのみですが、本当に秋が早いようですがまだ8月ですよ。




 Sさんの短歌  NO、597
 松 飾 り 白 き 磯 舟 海 ぎ し に
  並 び て 在 り ぬ 浜 の 年 越 し




DSCN1080.jpg

DSCN1082.jpg
 なんと長雨で正虎製薬の秘薬「トンズラ」がかびてしまいました。家に中のものは良いもですが、二階のベランダは全滅です。全国のクランケ?に供給責任はあるものの、もうこの事業から撤退します。まだかびないトンズラの在庫は少しあります、早めの注文をお待ちします。あんなに苦労して作った秘薬ですが、管理が悪く反省です。

 
DSCN1109.jpg
 山田町にはまだ当時のままの建物が残っています。どうするのでしょうか。


 パネル展を紹介します。DSCN1085.jpg

DSCN1092.jpg
 実物大だけあり(レプリカ)大きなもので、くつを脱いで歩いて見れます。香取市佐原には記念館があるようですが、山田でよくやってくれたものです。子どもたちにも見せたいものです。

DSCN1094.jpg

DSCN1093.jpg
 このようなもので測量したようですが、昔の人はすごいですね。

DSCN1089.jpg

DSCN1091.jpg

DSCN1088.jpg

DSCN1086.jpg
 県内の主なところだけの紹介しましたが、興味深かったです。重茂も赤前も金浜も当時と大分変ってきています、鍬ケ崎も同様です。O印は泊まったところのようです。

DSCN1099.jpg
 地元の当時の画家が描いた山田湾です。かなり精巧に描かれています。

DSCN1103.jpg
 このように文書に残して測量したようです。16年の歳月で全国を測量ですからすごいです。

DSCN1104.jpg
 各町村の石高でしょうか、家の数まで記載したようです。鍬ケ崎浦は宮古の家より79件しか少なかったとは。1800年から1801年ころです。


DSCN1110.jpg
 立派なマツタケです、よだれが出ますね。誰が買うのでしょうか。

2017年08月17日 (木) | 編集 |

 8月17日  (木)  雨   NO、1186
 昨晩は送り火を家内とひっそりと燃やし送り盆も終わりです。花火は雨も降っているし取りやめです、花火も送り火ととらえられこの辺ではやっています。それにしてもに花火は子供が居た方が最高です。あとは20日盆31日の終わり盆で松あかしで盆の月が終わります。
 
 東京の孫達は昨日はプールだとか、地元の孫は明日から学校とそれぞれの予定での行動のようです。正虎も今日から山の監視再開です。あと7日間寒い山に通わねばなりません。
 
 今日も雨降りですが山は14度と超寒く、車から座布団?を足に巻きつけます。またペットボトルの氷も帰るまで融けず、初めての経験です。このような天気でもあり、木の運搬車も誰も登って来なくあっけない一日でした。日誌を見ると14日に八王子から3人が小屋に来て車で寝たようです、よく来たものですがクマが怖くはなかったでしょうか?




 Sさんの短歌  NO、596  
   今日からはSさんが平成10年6月から12年12月まで
  新聞、雑誌に掲載された歌です。
 
 閉 伊 崎 の 岬 に い づ る 初 日 の 出
  白 亜 の 灯 台 き ら め き て 見 ゆ




DSCN1079.jpg
 宮古は平年の日照時間の4%しか太陽が照らなかったらしいです。農作物の影響は花や野菜の出ているようですが、米も穂にならないのではと言われてますが今日見て少し安心です。花が上手く咲いて欲しいですね。果樹も寒すぎてリンゴが色づいているのもあるようです。東京も16日も太陽が照らなかったとか異常な天気の夏です。


DSCN0903.jpg

DSCN1064.jpg
 雨続きで田代川の水位が心配でしたが、9日と比べあまり変わらず濁りも少なく大雨注意報でもホッとします。


DSCN1065.jpg

DSCN1066.jpg
 こんな山を登って行くとススキの穂が出ていて秋が足早に来ています。


DSCN1070.jpg
 超寒い山小屋です、次回はズボン下を用意しましょうか。源兵衛の会のキャンプが心配です。


DSCN1072.jpg
 いつもの通学路?に柵がよけられていたため、帰りは通って帰ります。

DSCN1076.jpg

DSCN1077.jpg

DSCN1078.jpg
 なんとか普通車は通れますが、3ナンバーはヤバそうです。川沿いはえぐられ崖沿いは落石と、昨年の台風の傷あとは生々しくまだ工事に至っていません。  

2017年08月16日 (水) | 編集 |

 8月16日  (水)  雨   NO、1185 
 昨日のテレビで川内(宮古市内)で、クマが罠にかかったニュースをしています。親クマのようですが可哀そうに捕殺です。民家の米ぬかを食べてまた来たようですが、数日間罠に入れっぱなしにしてクマ仲間にも見せしめて、懲らしめてから奥山に話したらどうでしょうか。子グマの教育にもなるような気がします。

 8時50分過ぎクマの出没情報の放送です。8時10分ごろ浄土ヶ浜の駐車場付近で出没とか。大分時間が経ってからの放送にのんびりしてると思います、もし観光客が襲われたらイメージダウンになります。正虎が通報した時も通学時間前なのに遅くの放送でした。

 孫達が帰って行ってからの出没に少し安心です、これで作文に「クマの出没の放送がありました」と書かれたら、喜んで宮古に来たくないと思います。クマにはクマったものです。

 お盆に拝みに来てくれたお客さんも、クマが人を怖がらなくなり一度食べ物にありつくとまた来るようです。お墓のお供え物も最近は持ち帰りが多いですが、まだまだ「功徳だから」とか言い置いて行く人もあります。お墓参りでクマに襲われてはシャレになりません。明日から山の監視です、クマが出ないことを祈りましょう。




 Sさんの短歌  NO、595
 海 ぎ し の 不 老 不 死 な る 露 天 風 呂
  入 り し 朝 に 千 鳥 あ ら は る
        (あした)
                  (東海文芸)

平成12年12月26日完

DSCN1051.jpg

DSCN1052.jpg
 こんな天気でも釣り人がいます、傘をさして待っています。


DSCN1049.jpg

DSCN1050.jpg
 お寺さんにお布施を持参しに行きます、このようなものが掲示板に張っています。いい言葉です。


DSCN1053.jpg

DSCN1054.jpg

DSCN1055.jpg

DSCN1056.jpg
 「なあど」にはここを訪れた人がどこから来たかシールを貼っています。やはり首都圏からが多いようですが、それくらい田舎の人が多いということでしょうか。過疎に街宮古にようこそです。


DSCN1059.jpg
 クマの出没があった付近です、パークホテルの駐車場と浄土ヶ浜駐車場の中間くらいです。2年前は孫達と家内は、家からここを通って早朝散歩をしたところです。もう散歩ではここはしばらく歩きません、ホテルの宿泊客もヤバそうで心配です。ここに来るクマはお墓を歩いたか、大橋を歩いて越えたかでしょう。

2017年08月15日 (火) | 編集 |

 8月15日  (火)  雨曇り   NO、1184
 いよいよ東京の孫達が帰って行きました。雨続きで泳ぐこともスイカ割も、流しソーメンもバーベキューも出来ず残念な夏休みです。しいてあげれば弓矢教室と芋ほり大会、マッチの付け方教室くらいで本当に可哀そうでした。今思えば盛岡方面に行かせた方が良かったかもしれません。一方正虎と家内は70歳のお祝いをしてもらい、超楽しいひと時に大満足でした。
 孫3人と息子夫婦が帰って行って虚脱感というか、「ポケ~っと」したような落差の大きな気持です、また「二人の世界」が始まります。

 いよいよ明日でお盆も終わりです、今夜は二人だけで花火を細々としましょうか。




 Sさんの短歌  NO、594
 次 々 に エ ン ジ ン 響 か せ 海 胆 と り の
  小 舟 水 脈 曳 き 港 に 入 り く
                 (投稿誌楽府)





DSCN1041.jpg

DSCN1042.jpg

DSCN1043.jpg
 今朝のお墓参りの風景ですが、松あかしは一組のみです。日出島も見えません。


DSCN1040.jpg
 お墓参りの帰りボール箱を貰いに行く途中の閉伊川です、この天気が悔しいですね。


DSCN1044.jpg
 なんとこの天気の中を福岡から来てくれたようです。荷台の上の傘が気の毒です。懲りずにまた来て欲しいですね。


DSCN1045.jpg
 紗美と理美とで義息子宅に拝みに行き山田湾でパチリです。これくらいになると「しりとり」をしようと言っても拒否です。姉の紗美が少し付き合ってくれます。流された家の跡地や、防潮堤を越えた津波の話などしてやります。