盆栽・家庭菜園・山歩き・ツーリング大好きの猛虎ファンです
2017年11月19日 (日) | 編集 |

 11月19日  (日)  曇り小雪   NO、1267
 魚菜市場でサケの売り出しです。1時間以上も前から並んでも一人一匹とか、店頭のサケは値段も昨年の50%以上高く、並んだ人は安く買えたでしょうか。今日は17日より800円値上がりです。時化が続けば漁があるようですが~

 昼過ぎ宮古にも小雪が舞い散りいよいよ冬到来です、近所でも慌ててタイヤ交換ですが、今日は日中でも4~5度と寒く大変だったでしょう。あまり降らない冬だといいですね。

 念願の復興道路の山田~宮古間がやっと開通です。早速3時一般に開放され走ってみます。開通はたった14kmの道ですが快適です、ところが宮古での降り口が混み大渋滞です。この道は海岸のそばを走らないため、津波の時にはとてもいいようです。
 以前から開通した復興道路を何か所か走っていますが、困ったことが一つあります。サービスエリヤが全くなく、トイレも売店もありません。自動車専用道路なのに不便ですね。トイレの時には一旦降りての用足しになりそうです。




 Sさんの短歌  NO、677
 発 掘 さ れ 国 の 史 跡 に 指 定 さ る
  崎 山 遺 跡 村 一 の 広 畑




DSCN2191.jpg
 一週間前孫咲美が指導してくれ、出来上がった干しスルメです。味は後日確かめましょうか。咲美はなんと焼かないで食べているようです。


RSCN2197.jpg
 西の空は雪空ですが、東の空は青空の宮古の典型的な空です。この寒さで釣りをしています。


DSCN2201.jpg
 今シーズンの初雪です、積もりませんがいよいよ冬到来です。


DSCN2193.jpg
 魚菜市場では1時間以上前からサケを求めて並んでいます。右のマッサージチェアの場所も魚屋さんでしたが、撤退しここ一年で数件の魚屋さんがいなくなりました。魚の町宮古も寂しいものです。


DSCN2205.jpg

DSCN2206.jpg

DSCN2204.jpg

DSCN2208.jpg
 快適のつもりですが出口で渋滞です。トンネルも排気ダクトもファンもなく、イマイチの出来具合と思います。サービスエリアを含め今後の課題ですかねぇ。

2017年11月18日 (土) | 編集 |

 11月18日  (土)  晴れ   NO、1266
 一か月くらい前から口の奥の歯茎が少し痛く歯医者さんに行きます。化膿はしていないようですが、組織を検査しましょうかと言われ岩手医大に紹介してくれるとかです。来週の診察に書いてくれそうですが、友人も歯茎が化膿し医大手術で2週間の入院とかで、正虎もそのようにならなければと心配です。

 思えば現役の時に(ドクター曰く15年前です)通って以来の歯医者です。スズメの焼き鳥を食べて入歯を壊したり、賀詞交歓会で壊れ瞬間接着剤で付けて見たりと、歯にまつわる失敗も多数ある正虎です。また当時出張中電車で子供にも入歯を外して見せたり、孫にも何度もそんなことをし、ふざけてバチが当たったようでもあります。
 まだ下の歯10本上2本と残ってはいますが、抜けないうちは大事にと通うことにしました。




 Sさんの短歌  NO、676
 白 亜 紀 の ふ る さ と の 海 に 生 き た る か
  ア ン モ ナ イ ト の 化 石 麗 し




DSCN2190.jpg
 午後孫達が来てくれ、今夜のおかずの差し入れです。ホタテご飯や牡蠣の佃煮やカレイなどで、義息子や娘には感謝です。特に牡蠣の佃煮は絶品の味で、娘は義母の味を引き継いでいるようです。今夜はお神酒が出そうです。


DSCN2189.jpg
 歯医者は上の山の下にありますが、久しぶりに行ったため近くを散策です。


DSCN2188.jpg
 まだ道路は完成ではありませんが、上町も大分変りました。


DSCN2185.jpg
 この坂の下に歯医者があり津波の時には病院の屋上に避難したようです。まだ古い建物も残っています。


DSCN2186.jpg
 お寺から見下ろした鍬ケ崎上町です、低気圧でトロール船が係留されています。

2017年11月17日 (金) | 編集 |

 11月17日  (金)  晴れ   NO、1265
 今朝はマイナス1、2度と盛岡より寒い朝で、もちろん車のウインドーも凍っています。この寒さの中でクマが北上線の列車と衝突です。冬眠に入っていないようで、宮古でもまだウロウロしてるのでしょうか。

 山田のサケ祭り(26日)が不漁のため中止に追い込まれました。今日の魚菜市場でもたまげるくらいの高値で、しかも数えるくらいしかサケも並んでいません。田老のサケ祭りが26日にありますが、この先が思いやられます。

 午後Y船長が病院の帰りに寄ってくれました。早速パソコンメールの修復です、受信は良いけど送信がダメでいじってもいないに不思議です。
 佐倉のじいさまが送ってくれた、手引書に従っての作業ですが正虎は眺めているだけ。Livuメールはエラーでしたが、outlook2013はうまく移行できました。ただアドレスの移行は2度ほど失敗で、時間切れとなりました。試しにじいさまに送信してみますが、届いていればいいですね。ここまでできただけでも正虎は感動もので、逆に他人力に頼ってばかりの自立できない、非力な正虎が情けなくなります。じいさまY船長ありがとうさんです。




 Sさんの短歌  NO、675
 皀 萊 の 優 し き 花 は 朝 風 に
  揺 れ て 秋 立 ち 奥 津 城 に 見 ゆ




DSCN2180.jpg

DSCN2181.jpg
 家内が作っている切干大根のビフォーアフターです、煮物が楽しみです。


DSCN2175.jpg
 珍しく県警の取締船が入港です、アワビの密漁でも取り締まっているのでしょうか。高い防潮堤がやけに目につきます。


DSCN2177.jpg

DSCN2178.jpg

DSCN2179.jpg
 臼杵山からなやの沢にかけてのモミジですが、あまり目立たない場所だけに勿体ないです。宮古でこんなにモミジが植えてあるのは珍しいです。


DSCN2183.jpg

DSCN2184.jpg
 佐倉のじいさまのレシピを見ながら、懸命にやってくれているありがたいY船長です。正虎一人では無理だったでしょう。


2017年11月16日 (木) | 編集 |

 11月16日  (木)  晴れ   NO、1264
 内陸や峠筋には雪の便りが聞こえるころになりました。盛岡では初雪とかでいよいよ冬の準備に入ろうと思います。
 今朝は大根の玄米麹漬けを食後からスタートです。2時半ころ目覚めたものの寒くて、根性が無くなって食後になりました。それでも寒い朝で厚手のゴム手袋を着用しての作業になりました。去年は23日に漬けていますから、今年は正月前に食べれるかもしれません。

 外に出たついでにタイヤ交換や、シャクナゲに防寒着を着せたり(去年より4日早い)です。おまけには大根の貯蔵で土を掘り埋め込みます。貰う時には時期が時期だけに一緒に貰うため、おすそ分けしても余ってしまします。家内も切干大根を作ったりしています。

 今年も何とか大根漬けや冬の準備をすることができ安心です。午後になると一気に寒くなってしまいますが、一気にやってしまう性格もあり少し疲れてしまいます。残る作業は新巻きサケ作りですがサケも不漁とか、魚価を見てからにしましょう。10月までの県内のサンマ漁が昨年の45%とか寂しいものです。




 Sさんの短歌  NO、674
 山 口 の 種 大 根 を 詠 み し 短 歌
  「方 水」 偲 び 菩 提 寺 に 建 つ




DSCN2164.jpg
 今朝まで冷やした炊いた玄米(左)と麹やザラメや塩を交ぜた材料です。


DSCN2166.jpg
 タライに上記をトロトロになるまで混ぜ合わせます。タクワン用の色を少し(4分の一くらい)入れますが、無着色したいのですが交ぜ具合が分かっていいようです。


DSCN2167.jpg

DSCN2169.jpg

DSCN2171.jpg
 隙間にキクイモを入れて漬けますが、最後に干し大根の葉を載せて重しをし完了です。この物置は10年以上前母が内側に発泡スチロールを貼ってくれと頼まれ、作ったものですがこれが役立つとはその時はわかりませんでした。


DSCN2172.jpg
 何でしょう?タイヤ交換時に気づいたのですが、アンダーカバーに木の枝が刺さっていました。山の監視の時でしょう。たまには下回りも見ましょう。


DSCN2173.jpg
 シャクナゲに防寒着を着せてやります。春にはきれいな花を見せてくれます。


DSCN2174.jpg
 今年はこのようにして大根を囲ってみます。土が凍り付くと掘り起こすのが大変ですが今年はいかに?右下は玉ねぎです。

2017年11月14日 (火) | 編集 |

 11月14日  (火)  曇り   NO、1262
 昨夕パソコンの主治医(佐倉のじいさま)から、クランケ(正虎)のパソコンメールの復帰の手引書が届きました。自立できず情けない正虎に嬉しい配慮です。時間をかけてゆっくりやってみましょう。

 働いていた時にお世話になった、O氏が亡くなり今日火葬に参列して来ました。正虎より4歳先輩ですが、一緒に働いた仲間がいなくなるのは寂しいものです。多くのOB達とも顔を合わせましたが、最近はこのような場所でしか会えないのも仕方のないことです。

 源兵衛の会の果樹園のオーナーから、落ちリンゴ拾いの案内で会員で頂いてきました。売り物にはならないとかですが、我々にとって自家消費には十分すぎ喜んで頂いてきました。メンバーの中にはリンゴ拾いの行事は、もっと回数があってもいいとか言い出す人もいて大笑いして来ました。おまけに大根や白菜なども貰い感謝です。今度の行事は忘年会で来月10日に決定もうれしいものです。いいメンバーに恵まれ正虎はハッピーです。




 Sさんの短歌  NO、672
 寄 生 木 の 墓 参 に 蘆 花 の 訪 れ し
                  (ろか)  
  奥 津 城 い ま だ 百 日 紅 咲 く




DSCN2151.jpg
 佐倉のじいさまが届けてくれた丁寧な手引書です、どこまで正虎に腕で復旧できるか不安いっぱいです。


DSCN2152.jpg
 今朝の来客はヤマガラ君です、毎日が楽しみです。1羽窓ガラスに衝突した仲間もいますが、よく見てきて欲しいものです。


DSCN2155.jpg

DSCN2153.jpg
 Y果樹園では多角経営で、長芋を掘っていましたこれもお土産にもらいました。そのほか干しイモや干し柿も作っています。かなり忙しそうでした。


DSCN2157.jpg

DSCN2158.jpg
 キオウやジョナゴールドを主体に拾いますが、サンフジはこれからだそうです。ありがたいことに、皆セメン袋一つづつ拾わせて貰います。