盆栽・家庭菜園・山歩き・ツーリング大好きの猛虎ファンです
2017年11月20日 (月) | 編集 |

 11月20日  (月)  晴れ   NO、1268
 今朝も寒く外のバケツの水が初氷でした、今日から外の水道に水落しをしましょうか。
今日も歯医者さんに行きましたが、歯茎の方はあまり手を付けず虫の喰った歯の治療です。例のグラインダー?でグヮァーンと削られ頭具合が悪くなります、痛くはなくても顔をしかめて痛いふりをします。肩も凝ってきて散々な治療でした。
 歯医者さんから岩手医大の紹介状を貰い医大に予約しました。そっちの方も少し心配ですが、口腔外科が近い所にないのも田舎暮らしの弊害です。タイヤは交換してあったのものの、冬の峠越えは緊張ですが行ってきましょう。

 ベランダの干し柿が盗難に遭いました。カラスだと思いますが1個丸ごとの盗難で、先日孫と一緒に柿をマッサージしていた矢先のことでとても頭に来ます。盗難防止のネットをかぶせましたが、貴重な6個のうちの1個ですから16、6%もの盗難です。くやちぃ~!




 Sさんの短歌  NO、678
 鮭 網 の 番 屋 の し ど み 戸 叩 く 風
  す き ま 風 入 り 薪 火 揺 ら し ぬ




DSCN2212.jpg
 寒〆ホウレンソウの収穫です、甘く仕上がったと思いますが味やいかに?


DSCN2213.jpg
 家内が貰ってきた名前不明の草?に花が咲きました。挿し木して10日くらいなのですが、どなたか名前わかりませんか?くれた方も名前が分からないとかです。


DSCN2209.jpg
 「なあど」からの雪の早池峰山です、寒さが来たらくっきりして来ました。


DSCN2211.jpg
 黒森権現トンネルからの早池峰山です。


DSCN2214.jpg
 一番上のが被害に遭いました、咲美はがっかりするでしょう。まだ渋いと思いますが、カラスが便秘になることを祈りますか。


DSCN2215.jpg
 盗難防止ネットで安心と思います、まさか逆立ちしてまでは喰わないでしょう。

2017年11月13日 (月) | 編集 |

 11月13日  (月)  晴れ   NO、1261
 今シーズン初の0度の朝で、盛岡では初氷の便りです。車のウインドーもがっちり霜が降りています。早池峰山も雪をかぶっていていよいよ冬到来のようです。

 正虎ファームの大根の収穫です。何本か食べたりおすそ分けしたため、歯っ欠け菜園ですが全部収穫です。それでも20本位は採れたようです。たまたまプロの農家のH氏が大根や白菜を届けてくれ、彼のと大きさを比較するとなんともみすぼらしいものです。家内曰く葉っぱだけは立派だとか。トホホ~
 一本だけ芸術的な大根が収穫でき、一人ニンマリですがこれも菜園の喜びでしょうか。土曜日に来る予定の孫咲美にプレゼントしましょう。どのようなリアクションか楽しみです。




 Sさんの短歌  NO、671
 連 作 に 心 配 り て 図 面 書 き
  種 子 を 選 び て 畑 耕 し ぬ




DSCN2136.jpg
 ガレージのない我が愛車はこのように霜で固まっています。


DSCN2143.jpg

DSCN2142.jpg
 早池峰山も雪化粧です。もっとくっきりすればいいのですが~


RSCN2150.jpg

RSCN2149.jpg
 今日もシジュウカラ君が来てクルミをついばんでいます。


DSCN2137.jpg

DSCN2138.jpg
 なんともほほえましい芸術的大根です。煮物用の青首大根ですが、案外旨い(誰も褒めないので自分で褒めます)大根です。


DSCN2140.jpg
 右はプロの作った大根、正虎のがみすぼらしく見えます。

2017年11月10日 (金) | 編集 |

 11月10日  (金)  晴れ   NO、1258
 今日も天気に誘われ?(少し寒い)、裏庭に植えてあるタラの木の葉や実を整理です。数年前苗木で購入した2本が増えて30本近くまで増えました。
 増えたのはいいのですが、大きくなりすぎ春先の新芽を採る時は難儀です。今日のように葉や実を落とすもの大変で、伸びる枝切ハサミを使っての作業です(この枝切ハサミを探すのに大分時間を食い、昨日のブログを思い出し苦笑いです)。タラの木の葉の付いた枝は硬く、ポロっと落ち道に落ちる前に整理です。
 春は食べる目的があり良いよいですが秋は疲れます。と都合のいいことを考えたりです。




 Sさんの短歌  NO、668
 空 木 咲 く 畑 堺 は 雑 草 と
  林 に な り ぬ わ が 畑 な り き




RSCN1775.jpg
 今日も飽きずに来てくれるヤマガラ君です。朝ドラを観ているころ飛んできます。今日はクルミには見向きもしないでイチイの実を狙っています。


DSCN2112.jpg

DSCN2115.jpg

DSCN2118.jpg
 裏庭のホウズキがカラスに喰われています。喰うのはいいのですがマナーが悪すぎで道にもこぼしています。束ねて玄関にぶら下げますが、明るくなった気がします。


DSCN2111.jpg

DSCN2117.jpg
 ビフォーアフターですがセメン袋が一杯になります。ホウズキに日光を当てるため、夏に葉を大分落としたため少なかったようです。これで春の芽吹きを待つのみですが、歳で手入れができなくなる前に伐採の運命でしょうか?


DSCN2113.jpg

DSCN2116.jpg
 タラの実ですがこれもカラスやヒヨドリが喰い散らかします。

2017年11月09日 (木) | 編集 |

 11月9日  (木)  晴れ   NO、1257
 昨日ラジオで物探しに費やす時間は、生涯で150日にも及ぶとかです。その7割は家の中にあるそうです。正虎の計算(正しければ)では80歳まで生きたとして、生存時間の0,51%、年に45時間も物探しに費やしているようです。正虎も物探と物忘れが多くなり一日何度探すことでしょうか、認知の進行とともにひどくなる情けない日々です。

 庭の柿を皮をむき干すことにしました。たった6個ですが収穫率1割の貴重な柿です。実った時は60個もあったのに悔しい思いでした、風が吹く度に落ちるかと心配しましたが、昨年まで0個だったのと比べると上出来?かな。落下の原因をもっと調べましょう。
 ついでに柿の木の剪定もし、葉っぱも全部むしってしまし落ち葉も心配なくなりました。




 Sさんの短歌  NO、667
 沢 桔 梗 背 丈 の 高 き 花 に し て
  悠 々 秋 日 に 映 え て 咲 き ゐ る




DSCN2109.jpg

DSCN2110.jpg
 家内の担当のグラジオラスの求婚いや球根を、担当でない正虎が取り出します。今年は雨の多かったためか生育が悪く腐った球根もありました。5個のプランターでこれだけです、別の球根を買い求めましょうか。


DSCN2108.jpg
 ヤツデの花に無数の虫(蜂)が群がっています、よく撮れていませんが沢山の蜂です。蜜があるようには見えませんがねぇ


DSCN2105.jpg

DSCN2106.jpg
 たった6個で世間体も悪い?ですが、ベランダが秋らしくなった気がします。釣り下げるヒモもやっと探す有様です。

2017年11月08日 (水) | 編集 |

 11月8日  (水)  晴れ   NO、1256
 朝からイチジクの剪定です。あまり大きくなりすぎていたため、上の方の実が採れにくいのとカラス除けのネットがかぶさらなくなったためです。今回のように大幅の剪定は初めてですが、歳とともにいつまでやれるかです。
 剪定していると近所の奥さんが来て、落ちた実を欲しいと言って拾っていきますが、枝にもついていてどうせ捨てるしどうぞです。その奥さんは上手に甘露煮にしているようです。

 気温22度の天気を無駄にしたくなく、午後1時間ほどバイクです。お目当てはカライモ(キクイモ)でいつもの産直です、ところがここにはおいていなく田老の道の駅で見つけます。大根の麹漬けに使うものですが、漬けるとき慌てないようにしておきます。
 
 今年はキノコが不作でついにマツタケは一本も食べれなかったです、ところが家内の友人がボリボリをくれました。今年は産直にも出ていなく貴重品に感謝です。




 Sさんの短歌  NO、666
 濃 紺 の あ や め は 高 く 茎 に 咲 き
  草 ひ き な が ら 仰 ぎ 見 る な り




DSCN2103.jpg
 久しぶりに田老の岸壁に行って見ますが、海岸線に大きな防潮堤を作っています。国道からは古いかさ上げの防潮堤しか見えず、そこからは海は見えなくなっています。二重のお防潮堤はすごいもので、過去の被害の甚大さを物語っています。


DSCN2104.jpg
 イチジクの実を貰いに来た奥さんは、干してある大根を正虎作と思ったらしく、褒められますが白状します。うそをついて注文が来ても困ります、「からほら」も相手によりけりです。


DSCN2102.jpg
 今日頂いた今年初のボリボリです、2件ほどにおすそ分け地元ならではです。このみそ汁は出汁が効いて超旨いです。



DSCN2101.jpg
 少しスッキリしたイチジクです。来年は実成が悪いでしょうが我慢です。