盆栽・家庭菜園・山歩き・ツーリング大好きの猛虎ファンです
2018年01月23日 (火) | 編集 |

 1月23日  (水)  曇り   NO、1301
 昨晩から雪降りですが、宮古は思ったより少なく15cmも積もったでしょうか。東京の23cmより少なかったのは幸か不幸かです。首都圏が雪に弱いのは理解できますが、人があんなに転倒やケガというのは驚きです。さすがに歩きスマホは放送されませんが、履物や歩き方(車も同様)も工夫が必要かもです。

 今回は明け方にグレーダーが、正虎の家の前も除雪してくれて大助かりです。 
 少ない雪でも雪かきなどの手間は一緒で、融けだせば脇に移動したり雨どいにたまったのを落としたり、一日中雪に遊ばれているようです。多分明日は体中痛い骨病みで、運動不足が露呈するでしょう。

 今日の草津温泉の火山噴火は驚きです。予兆もなく噴石などが飛び交うとは、スキーヤーもミサイルの下を滑っているようなものです。災難はいつあるのかわかりませんが、温泉旅行なども気をつけましょう。




 Sさんの短歌  NO、711  天秤
 天 秤 で 海 胆 桶 担 ぎ 加 工 場 へ
  通 ひ し 道 も 林 と な り ぬ





DSCN2543.jpg
 昨晩7時前からチラホラ降り始めました。早い雪はヤバそうでしたが~


DSCN2544.jpg
 朝はこのくらいの雪でラッキーです。


DSCN2547.jpg
 バロメーターも予報の960HPより高く安心です。


DSCN2546.jpg

DSCN2545.jpg
 約2時間で雪かき完了です、重い雪でしたが一安心です。


DSCN2548.jpg

DSCN2550.jpg

DSCN2549.jpg
 昼前散歩に出ますがすぐに融け始めた雪です。小さい山道も除雪されています。

2018年01月10日 (水) | 編集 |

 1月10日  (水)  曇り~晴れ   NO、1288
 昨晩は風の強いおっかないような天気でしたが、今日は思ったより静かです。低気圧で雪の予報もありますが、宮古は恵まれているようです。昼前少し風で運ばれた雪が舞った程度です。

盛岡の病院の義歯外来のドクターが電話をくれ、口に入れる純正部品が出来上がったとのことです。今よりはいくらか会話がしやすくなると期待です、26日の検査の日に取り付けてくれるそうです。ドクターからわざわざ電話を貰いホンワカ気分の正虎です。

 雪が舞う前散歩に出かけるとタラの芽発見です、タラの芽は目にに付きやすく昨年も見ていましたが先客に採られた後でした。散歩で季節を身近に感じるのも良いもので、田舎ならではの散歩コースです。外は寒く今日は写真のプリントや本読みなどしますが、どうも一日が長く感じてしまいます。早く庭に出たり菜園いじりができる季節になってほしいものです。





 Sさんの短歌  NO、698
 種 々 の 年 中 行 事 失 せ し 世 に
 (くさぐさ)
  節 分 の み が 寺 社 ら に 盛 る




DSCN2400.jpg

DSCN2402.jpg

DSCN2405.jpg
 誰とも会わない散歩でしたがなんとも殺風景です。


DSCN2403.jpg
 楽しみにしていた早池峰山も薬師岳も雪空で見えませんでした。


DSCN2401.jpg
 中央の黒い角ばったのが工事中の市役所です。中央右の森が八幡宮です。


DSCN2404.jpg
 タラの芽はまだ芽のふくらみは小さいものの、最近は大きくなる前に伐採?されることが多くなりました。 

2017年08月19日 (土) | 編集 |

 8月19日  (土)  霧雨   NO、1188
 甲子園では盛岡大付が大活躍です、初戦の作新学院に勝って勢いが付いたようです。まさかがまさかです、作新学園の監督に「バットスピードが速い」と言わせただけあり、素晴らしい打撃です。この勢いだと?も夢でなさそうですが、プレッシャーをかけずに見守りましょう。

 今日も霧雨交じりの17度の朝で、ヤマセが吹き込んできています。正虎はズボン下を出してもらい、山での寒さに備えます。何日も続くこんな夏も珍しく、10日から18日までの宮古の平均気温はなんと20、1度です。昨年の同期間は26,2度ですが全然違うものです。盛岡に暫く過ごしていた友人は、帰ってきてストーブを付けたと笑っていました。洗濯物も乾かずコインランドリーは朝5時から営業とか、変なところに需要が出来ているのもうなずけます。明日は午後から晴れマークですが期待しましょう。




 Sさんの短歌  NO、598
 海 岸 に 繫 ぎ し 船 に 松 飾 り
  供 え て 祝 ふ 旗 な び き つ つ




DSCN1083.jpg

DSCN1084.jpg
 藤井4段のニュース以降、これにはまってやっとレベル24まで来ました。佐倉のじいさまがインストールしてくれたものですが、どこまでいけるか楽しみです。レベル24も7回くらいにチャレンジですが、コンピューターは絶対自分から仕掛けてこなく、考える時間も長いです。せっかち正虎も見習いましょう。


DSCN1115.jpg
 お盆に息子が帰省の時に飲み交わした貴重品?ですが、昨日で空になりました。


DSCN1120.jpg
 我が家のベランダから見える山もヤマセで煙っています。


DSCN1119.jpg
 同じく蛸の浜もです、今年はウニの口開けも少なく宮古で5割高、東京は8割高とでかうなずけます。8月は一度も口開けなしは初めてでしょう。


DSCN1118.jpg
 こんな天気でもライダーが来てくれています、なあどで見かけ話をしますが京都から青森まで行き、今日南下し帰るそうです。学生さんですが雨には参ったと言ってます、気の毒なツーリングですが若い人がうらやましいですね。正虎も友人H氏と北海道ツーリングの時、函館から札幌まで雨だったことを思い出しました。
 気つけてを帰ってと声掛けし別れます。



DSCN1116.jpg

DSCN1117.jpg
 来月からスタートのトロール漁に備え準備をしています。船員さんに話を聞くと、言葉使いのいい船員さんで昔と全然違うのに驚きでした。いよいよトロール魚が台所に出回ります。

2017年07月23日 (日) | 編集 |

 7月23日  (日)  曇り   NO、1163
 朝からの雨で散歩も取りやめです。内陸を中心に大雨で被害が増えているようです、最近は雨や台風での被害が大きく、温暖化の影響なのかおかしい天候不順です。被害が少ないことを祈ります。

 宮古は雨の被害の報道はないものの、雨が降ったりやんだりと正虎にとっては庭に出ては雨に濡れ、またもや庭に出ると同じことの繰り返しです。そんな中でジャガイモの土寄せをしていたら、ポロンとジャガイモが畝より転がり落ちてしまいます。これが思ったより大きいもので、早速お昼のおかず?に早変わり。子どものころ食べたジャガイモと同じ味に満足です。
 東京の孫達が来るまで掘り起こさないで、楽しみにしておきましょうかね。




 Sさんの短歌  NO、573
 ク ジ ャ ク 草 秋 光 浴 び て 一 斉 に
  咲 け ば 山 庭 明 る く な り ぬ
                  (朝日歌壇)




DSCN0650.jpg
 ネジバナも咲き始めです、心がねじれているのでしょうか。


DSCN0621.jpg
 同じところから実の成ったため、摘果したイチジクの子供です。170個以上の摘果でしたが効果やいかに。


DSCN0649.jpg
 今日のブルーベリーの収穫です、孫達が揃う前に無くなってしまいそうです。


DSCN0652.jpg
 人工授粉が成功したカボチャです。


DSCN0653.jpg
 失敗したのはこのように黄色くなります。午前中に受粉させるのがいいそうです。


DSCN0648.jpg
 なんともいびつな初ジャガイモです、根菜類はこれがまた楽しみでもあります。芋ほり大会の孫達の歓声が聞こえるようです。

2017年07月14日 (金) | 編集 |

 7月14日  (金)  晴れ   NO、1155
 昨日は家内とそろって盛岡の病院です。いつもの通り経過観察ですが、正虎はデーターに入れるためとか言われ身長測定です。なんと2cmも身長が縮んで167cmになっています、孫は大きくなる一方でじじいは縮んでしまう生命の縮図?です。


 昨日夕方またもやクマの出没情報の放送で崎山とかです。慣れっこになるわけではありませんが、このくそ暑いのにクマったものです。

 今日はウニの口開けです。4時起きの予定が3時過ぎに起き出してしまい、早めに目的の田老まで行きます。真崎海岸について気づきますが、田老は口開けなしでした。なんとも抜けている正虎で情けなくなります。背丈も脳みそも縮んだようです。

 いよいよ菜園もこの暑さ(宮古31,2度室内35度)で本格的?です。今朝はキューリを6本収穫です。ロンドンロンドンした、いやパリパリした収穫後のキュウリは格別です。トマトの色づきが遅いようですが、黄色いのが少し色付いてきています。




 Sさんの短歌  NO、565
 月 蝕 に 天 体 シ ョ ― を 見 る ご と く
  し ば し 挑 む る 十 六 夜 の 月
                   (読売文芸)




DSCN0544.jpg
 昨日は家内の診察が早く終わり、盛岡中央公民館で待ち合わせです。


DSCN0536.jpg

RSCN0549.jpg

DSCN0539.jpg

RSCN0550.jpg
 この公民館は庭が素晴らしく、スイレンが咲いていました。蓮とスイレンの区別はわかりませんが、色んな色があるようです。


DSCN0545.jpg

DSCN0546.jpg
 紫波の産直のわきにあった小さな神社で、このような名前は初めてです。少し勉強になりました。


IMG_5616.jpg
 山王岩で待っても一艘のサッパも通りませんでした。


IMG_5619.jpg

IMG_5627.jpg

IMG_5628.jpg
 真崎海岸の手製ベンチでコーヒーを飲みながら日の出を待ちます。いつもはいるはずのサッパは見えませんでした。


IMG_5642.jpg

IMG_5632.jpg

IMG_5644.jpg

IMG_5638.jpg

IMG_5636.jpg
 鍬ケ崎では口開けでした、浄土ヶ浜の仮設住宅から歩きますが散歩の人は、棒きれでガードレールをひっぱたきながらクマ除け対策をしています。お台場展望台で撮っていると、音もなく別の人が後ろにいたのにはたまげました。あわてて「おはようございます」と言いますが、危うくクマと間違えるところした。