盆栽・家庭菜園・山歩き・ツーリング大好きの猛虎ファンです
2013年10月31日 (木) | 編集 |

 10月31日(木)曇り
 散歩コースA~Kコースのうち、D、Iコースのミックスです。Dコースで楽しみなのは、よその家の菜園ともみじ(今の時期)です。何本かは後日数えますが、気持ちのいい楽な道です。久しぶりなのでIコースも欲張りました、途中友人宅でコーヒーをいただき野球談義と、瓢箪の話などです。16度の表示があり、少し汗ばんで終了。


dc103102.jpg
 昨日わさびの見学の途中、摂待地区の産直です。ここはなじみで、安く品質良好。奥に元ヤングレディーが2~3人、暗算で計算してくれます。




dc103101.jpg
 ここの一番のお目当てとおすすめの、ドーナツです。ここに立ち寄る一番の目的で、時間が過ぎるとすぐに売り切れです。これは本当におすすめで、おいちいですよっ~!




dc103106.jpg
 Dコースのもみじロード(正虎命名)、右の広場は仮設住宅でグランドがなくなり、
その代替地です。



dc103105.jpg
紅葉はこんな感じです。何種類ものもみじがあり色もいろいろです。


dc103107.jpg
友人宅のひょうたんです、乾燥中。友人も楽しみに乾くのを待ってます。


dc103104.jpg
日の出町の山も切り開き、災害公営住宅が建つ予定。


dc103103.jpg
 これで土器とかやじりが出ると、大幅の遅れます。出ないで欲しい。家の裏は出たため発掘に2年かかり遅れてます。

2013年10月30日 (水) | 編集 |


 10月30日(水)曇り~雨
 農業改良普及センター主催の、畑わさび栽培圃場(ほじょう)見学会です。家内と参加、正虎の栽培してるわさびは水わさび(沢わさび)ですが、今回のは畑での栽培なので参加です。岩泉の奥の国見というところでした。16人の参加で、宮古からは3名の参加です。栽培してる人は高齢者が多く、見学者も同様でしたが20代、30代の人も紹介され、おおいに期待するものがありました。
 
 岩手県は畑わさびの生産が日本一で、ほとんどが岩泉らしいです。秋の深まる山奥は、あいにくの曇りでしたが、紅葉(こうよう)もすばらしく、またこうよう(来よう)と思いました。

 我が正虎ファームでもと思い出かけましたが、山の地形と手間を考えると?です。でもこのような栽培方法と
かがあるとか、参加者のほかの話も聞けて爽やかな気分になりよかった半日でした。


今年のあわびの入札、宮古104216円、山田115388円、10キロ。昨年岩手平均
68031円らしいです。ますます高値のフラワー(花)です。

dc103001.jpg

岩泉町の山は石灰岩で、このように岩のむき出した山が多いです。紅葉もきれい。

dc103002.jpg
大発見!白い紫式部、名前は何かな?ホワイト式部にしよう。民家の庭にて。


dc103005.jpg
これが圃場です。水わさびと葉の形がちがいます。家内もまじめに聞いてます。


dc103004.jpg
この地区の部会長のN氏、73歳とかですがいい顔をし説明してくれてます。


dc103003.jpg
近くのもみじです、宮古よりかなり早いです。


dc103006.jpg
右の人は盛岡のサラリーマンをやめて、わさび栽培に転職、若きリーダー頑張れFさん!

2013年10月29日 (火) | 編集 |
 
 10月29日(火)晴れ  アツモリソウの(名人F氏の実技)育て方の研修会が、E氏宅でありました。友達(先輩ですが)とはいいもので、からほらをまけながら楽しい研修でした。

 この天気と温度(17度)を生かさなければと、バイクを出してミニツーリングです。少し寒いけど心地よい振動とエンジン音、加速のすばらしさ、スリルあるコーナリング、風を受ける爽快感とバイクっていいなぁ。新しく買ったヘルメットをかぶり久々のツーリングでした。あと10歳も若ければなぁと思いつつ~

 帰りにどんこ(えぞあいなめ)、メアジを買い干物作りです。たて塩(海水)に漬け込み干す予定。おんまくできるようにと、少し思いながらなまぐせぇ手をかまって(嗅いで)完了。家内が遅番でよかった。間に合った!
span>

佐倉のじいさまが、テンプレートなるものを変更してくれて、新鮮で新たな気持頑張れます。おおきに感謝です!

dc102906.jpg
 春か秋の植え替えで、小さな芽に触らず消毒液に浸けおき黒い根を取り除きます。
あいにく正虎はやったことがなく、持ってないけど勉強になりました。


dc102903.jpg
颯爽と?出かけます。超若返りますよっ!!


dc102902.jpg
佐倉のじいさまの実家です。基礎も撤去され、区画整理がすすんでます。


dc102905.jpg
いわきの秋刀魚船です。今日は4隻入港で、金華山沖での漁だとか。脂は落ちてると思いますが。


dc102904.jpg
やはり活気があります。いつもこんなだといいなぁ。やはり浜は船と魚です。


dc102909.jpg
これで150円、手がかかりますが大助かり?


dc102908.jpg
 どんこです。このくらいのが、干物には最適。大きいのは500円です、1匹ですよ!
どんこはこれからが、おんまくなりどんこ汁もおんまいです。


dc102910.jpg
下処理が終わり、これから海水に浸けます。


dc102911.jpg
気分よくツーリングしてても、どうしても目につく災害のあとです。複雑。大槌です。






2013年10月28日 (月) | 編集 |
style="color:#0000ff"> 10月28日(月)晴れ
 今度はにっぽん丸が来ました。相変わらず9時の入港を7時過ぎより待機。魚市場横で待ってましたが、ちょうど鮭の水揚げ中で活気がある様子を久しぶりに見ました。秋刀魚が水揚げが少なく、昨日は150円、180円と
今の時期にしては高値です。鮭は値段がこなれてくればとおもってます
    
 にっぽん丸は飛鳥2と比べかなり小さいですが、よく来てくれました。飛鳥2と比較してみます。
      飛鳥2      にっぽん丸
総トン数50142トン   21903トン
全  長240,96M    166,6M
全  幅 29,6M         24M
収容客数 940名      532名
乗組員約 440名      190名
今回の客数約250名    約750名    のようです。まだ復興の最中ですが、またきて復興の進捗状況
を見て欲しいものです。まだ仮設住宅にたくさんの人が住んでいます。がんばっぺぇ宮古!span
>
dc102801.jpg紅葉の始まった宮古に鮭の水揚げです。大漁であればいいなぁ。span>
dc102802.jpg
選別作業です、やはり浜は活気がなきゃぁ。


dc102803.jpg
来ましたにっぽん丸が、出先埠頭の堤防の一番先端をまわります。


dc102804.jpg
 堤防の先端から埠頭を望む。普段は立ち入り禁止です、はじめてこの堤防を歩きました。
かなりの距離で、開放して海釣り公園にでもすればいいのに。

dc102805.jpg
タグボートが懸命に接岸のため押してます。


dc102808.jpg
まだ工事中の埠頭ですが、歓迎のため高校生が早くからブラスバンドの練習してました。
dc102807.jpg
大きな機材ですが、にっぽん丸が来たら小さく見えます。
dc102809.jpg
この船のねずみ進入防止はなんともユーモラスです。ねずみもたまげまっす!

2013年10月27日 (日) | 編集 |
10月27日(日)晴天
 8日ぶりの晴天です。穴を開けた瓢箪も気になっていて、持ち焦がれた晴天です。
けげだす村工房が(農産物の販売や小さなイベント?)あって、友人と出かけました。たった8世帯の集落の、年に一度のイベントです。小さな谷あいにすごい車で、駐車場は稲刈りの終わった田んぼや細い道の路肩です。開墾で入植したらしく青倉地区という田老からかなり奥のほうです。応援したくなる小さな小さな集落です。

 年に1度だけのイベントとはいえ、かなりの人が押しかけてお祭りのようです。マツタケごはん、おでん、みそ焼き豆腐、りんご、米など売っていますが並んでいるところもあり、それなりにファンがいるということでしょう。そういう正虎もその一人。りんごや団子を買い求めてきました。天気に恵まれハッピーです。



dc102707.jpg
 穴を開け乾燥の瓢箪、やはり千成瓢箪が育てやすいです。大きいのは重くブラジャー
が必要で(網で作ります)今年はノーブラだったので、あちこちに当り傷だらけ。

dc102701.jpg
友人が作ったもので、我が家で引き取りました。どう加工するか思案中です。
dc102703.jpg
ここでイベントをしてます。

dc102706.jpg
行く途中です。平地の少ない山間地でよく育てたものです。
dc102704.jpg
今はほとんど見られない炭焼き釜、使っているかは不明です。


dc102705.jpg
こんな水車もありますが止まったままです。
dc102702.jpg
イベント会場、なにかの早食い競争かな。昨年は三味線や民謡も披露されました。

2013年10月26日 (土) | 編集 |
 10月26日(土)雨曇り雨
 昨晩も強い雨、うっとうしくなります。家内は休みのため、長男のぼうこういや母校の県立宮古工業高校の学園祭に一緒にでかけました。創立40周年でしかも、機械科の模型による津波の浸水の様子が総理大臣賞を受賞したらしいです。60数回もその模型を市民や団体に見せて、防災に役立てたらしいです。久しぶりに生徒とふれあい、ロボット操作、ビン6いやビンゴを楽しんだりでした。みんな挨拶もきちんとでき、はつらつとした姿にエネルギーをもらった気分でした。生徒の作った万力やジャッキを買い、びんろく(ビンゴ)の景品をふたりとももらいいい日でした。

dc102606.jpg
 この模型です。色の付いた水が(津波)縮尺1000分の1の民家を襲い、津波の
時のイメージと高さによる被害の予測ができるようです。



dc102607.jpg
みんな関心をもって見ています。終わったら思いがけず拍手、感動しました。


dc102609.jpg
藤原埠頭の台船。


dc102612.jpg
閉伊川の台船、下流にも2隻作業してます。橋の基礎かな?


dc102602.jpg
この写真から昨日の続きです。
地元の人もあまり行かない展望台。


dc102608.jpg
 竜神崎展望台からです。魚市場、これを津波が直撃でした。もっと左側に延長する
予定らしいです。



dc102604.jpg
このように少しずつ復興です。


dc102603.jpg
 赤松の大木2人でも手が回らないでしょう。よくみると合体してます。
佐倉のじいさまには、合体が好きだなと言われますが、自然の観察力です!



2013年10月25日 (金) | 編集 |
 10月25日(金)雨
 飛鳥2が3年ぶりに宮古に来ました。北海道の帰りらしいですが、あいにくの雨です。8時入港とのことで、浄土ヶ浜のポイントで待つこと30分(7時前から)、さっぱり見えず。いつもより大きな船の音で、50年ぶりくらいで竜神崎展望台まで雨の中を歩きました。館が崎展望台からは初めてのコースでしたが、起伏の多い道を400メートルくらいで、竜神崎展望台です。久しぶりなので缶コーヒーを飲みながら、復興中の鍬が崎を眺めてきました。
 飛鳥、居ました!タグボートに押され接岸中でした。来るかと思い待つトンマな正虎です。なんども見てもやはり大きい!人が多いとあまりそばまで行かない正虎ですが、雨なので思い切って埠頭まで行きパチリ。やはり人は少なく乗船してる人がテントで何か食べたり、買い物をしていました。
 
 ノンセレブの年金暮らしには、とてもとても無理ですが、乗っている人はセレブそうには見えなかったなぁ~
でもいつかはタツッと乗ってみ、た、い、な、ぁ。



dc102503.jpg
展望台からの藤原埠頭を望む。


dc102506.jpg
停泊中の飛鳥2、右の台船は復興のシンボルで、宮古港でも10隻以上はいます。
dc102507.jpg
雨で人が少ないです、前(3年前)は人をかきわけての撮影でした。

dc102504.jpg
お尻姿の飛鳥。

dc102505.jpg
ロープの先端の円盤はなんでしょう?
ねずみの侵入防止らしいです。

dc102501.jpg
遊歩道の狂い咲きのつつじです。

dc102502.jpg
 ガマズミ(宮古ではゾメ)、霜が降りたころが食べごろ。でもほとんど種です。
青森ではこの実のジュースが売っていました。

2013年10月24日 (木) | 編集 |
 10月24日(木)雨!
 なんと今日も雨、散歩も庭いじりもできない!それでも雨の中瓢箪を取り入れる。
 なにタイトルが意味不明?写真をご覧あれ。毎日朝夕寒く、先日のワインが醗酵せずあせってます。23度以上での醗酵らしいです。協和(今日は)協和(今日は)醗酵したかなと何度眺めることか。
 
 昨日のイチジクの甘露煮を、友人に何人か届けたら生で配った友人の奥さんが、便秘が直ったと喜んでくれて嬉しいかぎりです。瓢箪に穴あけ、クルミパンを作るべくクルミ割りと、雨のおかげでなんだりかんだりの1日です.

雨よもういいかげんにしろ! dc102405.jpg
何でしょう?タイトルと密接な関係ありです。座布団の中身はなんでしょう?最後の写真です。
dc102404.jpg
今年の瓢箪。少々早いですが穴を開けて感想させます。傷だらけでいまいち。

dc102401.jpg
 今年のクルミの成果。まずまずでした、毎日の昼食用のパンに入れようと、手をぶっ
つぶしながら~


dc102402.jpg
割った状態です。これからだまた一手間です。


dc102403.jpg
 実を取り出し終わった状態。さらに一手間、最後のごみとりです。うんめえのを食べようと
すると手がかかります、手もつぶすし、いてぇ~


dc102406.jpg
タイトルの協和(今日は)発酵したかなです。うんまくできればいいが~

2013年10月23日 (水) | 編集 |
 10月23日(水)雨
 あいかわらずの雨。昨日らいカラスに食われ、残ったいちじくを甘露煮にしました。昨年秋秋田の象潟に旅行した時に、売っていたのが未熟ないちじくでした。聞いてみると甘露煮用だとのことで、やってみたらいける!今までは熟した実のみ食べて、あとはすなびさせ(干からびさせ)てました。秋田の南部や庄内地方では、そうして食べご飯のおかずにもしてるらしいです。
 繊維質が多くて血液サラサラや、便秘、痔にいいらしいです。
 
 以下加工ですが、軸を除き(ごみも)竹串で穴を開け、三温糖で中火でことこと煮るだけです。役1時間煮込みますが、今日は6キロあり4時間近くかかり、正虎食品のいちじくの甘露煮は今シーズン終了です。次は大根の麹漬け、イカのそがら、新巻きサケ、などなど続きます。



dc102301.jpg
 収穫したいちじくです。これで6キロ、カラスに食われたのは何キロ?オーバー
?な話です。


dc102302.jpg
 軸を除き洗い、水分を除き準備完了。これに竹串で穴を無数に開け糖分の吸収
をよくします


dc102303.jpg

 三温糖を25%いれ火にかけます。
dc102305.jpg
 煮ている状態約1時間です。

dc102306.jpg
 そろそろ出来上がりです、付きっ切りでみるのでラジオを聴きながらです。
dc102306.jpg
dc102304.jpg
 下が出来上がり、味良好一人満足~ また写真2枚でした、情けないですが、サービスです!

2013年10月22日 (火) | 編集 |
dc102204.jpg
 10月22日(火) 雨~曇り
 雨続きだったので散歩できずでしたが、小雨をおして出かけました。30分位歩き友人のK氏宅に寄り、コーヒーをいただき帰ろうとしたら本降りになり、傘を拝借しとぼとぼと帰りました。むりやり考えずに行動に移す、パタパタした性格がいやになります。散歩でなく徘徊してると世間は見てるかも~

 それでも着実に秋は深まり、周りは動いています。雨続きで盆栽の水遣りはしなくていいものの、手入れできず間が抜けたようです。200鉢くらいあるものの、割合手がかかるものです


 またまた写真を2枚入れ、失敗ですトンマな正虎~なかなか修復困難な性分。とほほ~

dc102202.jpg
日の出町の7分団の屯所。震災でいまだにここに仮住まい?


dc102206.jpg
我が家の近くに北部環状道路だできます。遺跡発掘でだいぶ遅れました。


dc102205.jpg
ここに国道をまたいで立橋ができ宮古病院側に抜けるようです。


dc102201.jpg
この山にトンネルをほり国道をまたぐようです。


dc102207.jpg
我が家のみすぼらしいいちじく、カラスにだいぶ食われました。


dc102208.jpg
雨の中を食われないうちに収穫しました、まだもっと熟成させたいのに悔しい!


dc102209.jpg
庭の紫式部です。いい名前がついたものです。紫の虎でもいいようなもんですが!

dc102204.jpg
 同級生のM氏の果樹園、台風の被害はどうだったのかな。震災の時は湧き水をもらったり
りんごももらい世話になりました。(画面上に右側に復興住宅ができます)