盆栽・家庭菜園・山歩き・ツーリング大好きの猛虎ファンです
2013年12月31日 (火) | 編集 |
  12月31日  (火)  晴れ
 二度目の孫との年越しです。一番上の紗美が9歳ですが、冬来てくれたのは二度目ですから無理もありません。あわただしい31日も夕方には、格好がつき全員(山田の咲美除く)神様を拝み神のお神酒をご馳走になりました。まだまだこれからですが、酔わないうちにブログをきめておきます。


  年末の魚菜市場を訪ふ(とふ)たれば帆立て活魚は潮吹きをりぬ

  いたずら失敗シリーズ10
  同僚と営業活動で同行中、運転をしながら助手席のウインドウーをロックしてから屁をしました。とても強烈なにおいで、同僚(とはいっても部下)はむせながらウインドーを開けようとしてますが、開くはずがありません。同僚は文句も言えないサラリーマンの性がむなしいと思ったはずです。



 明日は6時に起きて、初日の出を見に行く予定でしたが、曇り~雨の予報です。ゆっくりと寝正月に決定です。
 今年は佐倉のじいさまの指導で、ブログなるものがやっと軌道?にのりましたが。感謝にたえません。途中から下品な内容も入り混じりましたが、思いのほか好評でやはり正直なのがいいようです。さらに続けます。


 読んでくださった読者の皆さんに感謝と、来年のご多幸をお祈りします。来年も適当なブログにしますので適当に見てください。






dc123105-1.jpg
 皆で数えます、28匹いたと叫んでます。


dc123104-1.jpg
 今朝の日の出。残念です。明日に期待ですが、曇りで取りやめです。妹ヶ崎いや姉ヶ崎です。


dc123101-1.jpg
 同じくで、真剣です。

dc123116-1.jpg
 白鳥にエビセンをやってます。カラスを避けながらやります。こわがってなかなかそばに行けません。


dc123109-1.jpg
 腰を曲げる得意のポーズの理美、アイドルに な り た い そうです。


dc123106-1.jpg
 昨晩に引き続きごちそうです。盆と正月くらいですが~


dc123103-1.jpg
 ひょうきんな孫、いつもこんな調子、誰に似たのでしょう。


dc123108-1.jpg
 咲美が帰り姉妹だけになったら、急におりこうさん?です。

2013年12月31日 (火) | 編集 |


 12月30日  (月)  曇り、小雨
 孫達と10時に9時(久慈)をめざし、あまちゃんに会いに行きました。娘夫婦は欠席でしたが、孫3人大人4人です。車の中は大賑わいです。みんな孫達はあまちゃんいるかなぁとか言ってます。
 道の駅で昼食し交通規制の解除された、小袖海岸経由のコースです。あいにく曇ったり小雨まじりの寒い日でした。
それでも小袖海岸では走り回ったり、雪を見つけて投げてみたりと子供は元気です。



  宮古湾の海戦在りし縁の地に榎本武揚の曾孫きたれり


  いたずら失敗シリーズ9
 ある大手商社(大手町)のトイレに入って、座るまもなくドンドンとドアが叩かれて財布財布と叫んでいる。あわてて後をみたら財布が置かれていた。ドアの下から差し出してやった。終わってお礼のため待ってるかな、と期待して出たが誰も居なくがっかりでした。


 夕方休暇村に皆で泊まりました。もちろん孫全員じじいと一緒にな寝ます。



 さっそくじぇじぇじぇの始まりです。この着物も貸してくれます。すっかりなりきってます。


dc123117-1.jpg
テレビでおなじみのこのデパートも再開発で取り壊しです。


dc123102-1.jpg
 この風景も思い出します。


dc123115-1.jpg
0000神社に一人づつ参拝です、6歳の理美はアイドルになれるように拝んだかな?


dc123113-1.jpg
 堤防に漁師さんが獲った足手いやヒトデがおかれてます。ウニを食べるにっくき人手いやヒトデです。


dc123111-1.jpg
漁師さんのこんな光景も東京の孫は始めてです。


dc123112-1.jpg
中央にある小さい小屋に見覚えないでしょうか?


dc123110-1.jpg
あまちゃんが潜っていたところです、ウニが見えて大騒ぎでした。


dc123121-1.jpg
すっかり舞い上がってかなりの美人の顔になります。


dc123119-1.jpg
今回も押入れが子供の棲家のようです。

2013年12月29日 (日) | 編集 |

  12月29日  (日)  晴れ
 待っていた29日孫3人が来てくれました。3人揃っての集合はありそうで、なかなかないものでうれしいものです。何日かは賑やかでしょう。3ヶ月ぶりでみる東京の孫は大きくなっているように感じます。山田の孫は大分前から来て、待っています。よほど楽しみだったのでしょう。着いたとたんに部屋に閉じこもって出てきません。じじいより子供は子供同士がいいようです。


  岩礁に生えて揺れいる海藻を二の腕捲り競いつつ採る

 
  いたずら失敗シリーズ8
  友人たちと家で飲んでるとき、笑わせようと思いっきり屁をしたら、なんということかうんちが出ました。大失敗です、パンツをトイレ(昔式の汲み取り)に棄てました。数ヵ月後衛生社の吸い込みのパンツが引っかかったそうで、おやじにこんなことするのは、お前くらいだと叱られました。


 娘やだんなさんと長男夫婦も、久しぶりに会ってうれしそうに会話できよかったなぁと感じました。明日は久慈にあまちゃんを訪ねて行って来ます。


dc122901.jpg
 まずは仏様を拝みます。

dc122903.jpg
 三人で神妙な顔で拝んでます。


dc122902.jpg
 2009年からの写真カレンダーを出して、大きくなったなぁと皆で思い出しました。


dc122904.jpg
 開放した寝室が子供らの隠れ家?です。咲美、紗美、理美です。いずれも仮名です。

dc122905.jpg
 一番上の紗美はおやつのりんごをむいてくれてます。やはりお姉さんはちがう。


dc122907.jpg
 身長測定です。3年の紗美は1メートル28センチです。大きくなってます。

dc122906.jpg
 身長測定器です。

2013年12月28日 (土) | 編集 |

 12月28日  (土)  晴れ
 昨晩友人K氏よりいただいた、真タラを刺身と今夜鍋にするため午前は準備です。昨晩もらったやりイカは刺身や酢漬けに処理しました。お神酒のサービスがあったため、タラは簡単に身下ししただけでした。やりイカは多すぎて家内の友人3人におすそわけです。昨日魚菜よりイカを買ったのがミスでした、用意したときにかぎってもらうようです。家内も冷凍庫から魚を出してあって~今度は買うふりや用意するふりをして買わないとか考えよう~
 合間に明日から来る東京の孫たちの準備です。だれと寝るというのかが少し心配ですが、楽しみで山田の孫も来るしにぎやかな日が続きそうで楽しみですし準備も張り合いがあるものです。



  三陸の浦曲(うらわ)に広く牡蠣筏初日を浴びて穏やかに見ゆ


  いたずら失敗シリーズ7
  昔の工場のトイレは男女共同だった。うんちをしながら思い切り大きな屁をした。すると後ろで おらぁまぁ と女の人の声がした。その後ろのほうで なぁにぃすたぇ とまた女の人の声。  おおぎな(大きな)屁だったがえぇと返事をしている。出るに出れず女の人が出て行ってからそ~と出ました。



 午後散歩Bコースです。4度と寒いもののマスク手袋着用です。このコースはクルミロード、モミジロードと続き楽なコースです。散歩後は洗濯の取り込み、トイレ掃除、ベッドの整理やらで結構多忙でした。今夜は明日のお神酒の日を繰り上げて、真タラの刺身とタラ鍋ですからどうしても張り切ります。


dc122804.jpg
 家内を迎えに行くとき中里団地よりの宮古の小さな夜景が見えました。


dc122806.jpg
 友人のくれた真タラとやりイカです、トロールで獲れたものです。息子や娘また佐倉のじいさまが近ければといつも思います。


dc122807.jpg
 またもや新築家屋です、これは浜松のOO工務店です。


dc122808.jpg
 この住宅も同じメーカーです、どうしてもどこのメーカーか気になります。

dc122801.jpg
 クルミロードも葉がすっかり落ちて冬です。


dc122802.jpg
 なんとクルミの木は伐採されてこのありさませす。ここは新しいポイントだったのに。


dc122805.jpg
 なんだとおもいますか?  これがきくらげです。小さいですがここにあるのは新発見です。でもよその畑のようですから見るだけですが。90%以上中国産ですが貴重ですよ。


dc122810.jpg
 二中の仮設グランドで、キャッチボールしてます。二中から7~800メートルくらい離れてます、グランドには仮設住宅が建っているため。休憩してたらボールが飛んできて、拾ってやったら硬球でした。40年ぶりくらいで硬球をにぎり球を追いかけてるころを思い出しました。一関学院高校の生徒さんでした。


dc122811.jpg
 この仮設グランドの左側にドクターへリ用のポートがあります。



2013年12月27日 (金) | 編集 |


  12月27日  (金)  曇り
 宮古の風物詩的お飾り市が開設しました。この地方では正月に神棚に祭る、お飾りというのがあり御年神様や御へいそくなどと一緒に縁起物として売っています。昔は別のところで売っていて、人も一杯いたように記憶してますがあまり賑やかではなかったです。ホームセンターやドラッグストアーなどでも買えますが、独特の鮮やかなお飾りはやはりここだけです。


  網越こし浜に出づれば波ありて櫓を漕ぐ男は足を踏んばる



  シリーズ6

  友人らと当時のバーで飲んでいたとき、わざと屁をしました。ホステスが笑いだしたので、自分のしたのを客のせいにするのかと怒ったまねをしました(真顔で)。するとそのホステスは私がしましたと謝りました。その後皆で大笑いでした。


 午後先輩友人のE氏が訪ねてくれました。勤めていた会社の記事が載った業界紙のコピーを持参してくれました。リタイヤしても勤めていた会社は気になるものです。話題が豊富な人でお墓のことや、働いていた会社のこと、温泉旅行のことなど多岐にわたり大いに参考になりました。



dc122705.jpg
 シリーズでお届けしているノンフィクションの原本です。これに今までのエピソードがイニシャル入りの実名で書いてあります。

dc122704.jpg
 正虎のシリーズものより、ぐっと品のある短歌集から毎回抜粋して掲載してます。佐々木さんの手作り歌集で、この状態で印刷屋にまわすそうです。


dc122703.jpg
 今朝の魚菜市場、このコーナーは野菜中心で今の時期は沢庵漬けなどもうまそうに並んでます。

dc122701.jpg
 お飾り市の風景です。テレビカメラも来ています。人出はいまいちでした。


dc122702.jpg
 5~6件の店の一つです。今日の夕方はテレビで放送されるでしょう。


2013年12月26日 (木) | 編集 |


 12月26日  (木)  曇り~晴れ
 家内も休みで朝もゆっくりまったりです。しかしベッドの大掃除になり、マットやふとんをばらして、頑張りました。張り切る要因の一つがお神酒の日だからでもあります。それにしてもやる気になれば仕事もあるもので、昼食はかなり遅くなりました。一区切りしないと休憩をとらないのが、正虎の癖でもあります。窓を開けっ放しのため、温度は10度を切ってますがさほど気にならずです。



  岩壁に棲みいるつぶ貝採る岩につまづき転ぶ老いわれ哀し

  シリーズ5
  トイレに入った同僚が出れないように、ドアにチェーンの入った箱を3段積み様子を見ていました。なんと同僚ではなく上司の課長補佐でした。それもドアが開かず窓から出てきたのです。涼しい顔をして。一度は逃げたものの反省?し謝りましたが返事しませんでした。



 掃除も終わり散歩に出かけました。寒いためマスクをし手袋もしましたが、コースA(4,3キロ)のため帰りは汗をかきました。今日もさわやかな気分お神酒も旨いぞ!肴も一つ作ってありあとは家内に お ま か せ です。


dc122610.jpg
 行きはこのように下り坂のみです。右はCコースです。

dc122601.jpg
 復興工事です。右側に積んだ砂利は何に使うのでしょう。


dc122604.jpg
 この岩の穴は子供のころはなかったです。以前も紹介しましたが波により2箇所穴が開きだんだん大きく侵食されてます。以前は堤防もなく、左側の小さい砂浜もありませんでしたs。

dc122608.jpg
 和太鼓のような大きな音がして、潮が噴出します。もっと大きくなれば名所になるかな?しばらくここに佇み眺めてきました。


dc122605.jpg
 堤防に打ち上げられた鮑です。まだ身がついていて、先日の低気圧で打ち上げられカモメに食われたのでしょう。こよように貝の穴が全部開いているのは珍しいです。


dc122611.jpg
 鮑の貝のかけらですが、波に洗われてきれいな光沢です。石も貝も濡れていたほうがきれいです。


dc122606.jpg
 湾口をトロール船が入港です。2~3時には帰港のようです。壊れた堤防は手付かずです。


dc122602.jpg
 裏浄土ヶ浜。一眼でないため精一杯のズームでした。


dc122607.jpg
 帰り道、この小さな川は子供のころは洗剤の泡だらけでした。きれいになったものです。


dc122609.jpg
 玄関の孔雀サボテン。今年も咲いてくれました。

2013年12月25日 (水) | 編集 |


 12月25日  (水)  晴れ
 宮古はー2,2、度盛岡の玉山区の藪川はー18,4度です。日中でも外のバケツに凍った氷も融けません。それでも慣れてきたのか、思ったほどではないです。体も寒冷地仕様になったかな、しょうがないですね岩手ですから。
 閉伊川支流の鮭が気になり、家内を送った帰り寄って見ました。いるいるたくさんいます。ついでに今度は津軽石川の鮭もみたくなります。そして白鳥もです。


  山峡の老いの生活(くらし)の味噌作る映像みつつ古里をしのぶ


  シリーズ4
  健康診断の時同僚の問診表に、あなたは検便の必要がありますと、きれいに書いたメモをはさんで渡した。彼は家に帰宅後マッチを買い空箱にうんちを入れ、健康診断に望んだ。なんですかそれはと言われたらしい。




 午後の散歩はとりやめ、雑用に徹します、終始やることもあるものです。
 今日は亡き父の誕生日です。生きてれば90歳です。ブログの今回のシリーズを見せれば小ばかもんといわれたでしょう。



dc122501.jpg
 閉伊川支流の鮭です。まだまだ元気に産卵活動で一杯います。ほっつぁれーになっています。


dc122505.jpg
 津軽石川の鮭、上の鮭と色がちがいます。まだすらつぁげてません、いけすの中を回遊してます。

dc122506.jpg
 時折ジャンプし脱走を試みています。一月2日ころにいつもは川で、つかみ獲りをしますが今年はどうなるか。


dc122511.jpg
 津軽石川の水門です。ここが津波のときせき止められて、左側(法の脇)に海水が流れたそうです。


dc122507.jpg
 かなり大きな水門です。川の水の流れてる所を除きけっこう水門は下がっています


dc122504.jpg
 牡蠣の作業小屋でしょうか。


dc122503.jpg
 羽を休めています。

dc122502.jpg
 鶴のように鳴いています。

dc122508.jpg
 カモメや鴨やカラスまで同居して、エサを待ってます。


dc122509.jpg
 エサをくれると思い滑走して来ました。今度はパンを持っていこう。東京から来る孫たちにも見せたいものです。


dc122510.jpg
 カモメの子供です。足は冷たくないのかな。




 
 

2013年12月24日 (火) | 編集 |

 
 12月24日  (火)  晴れ~曇り
七尾に無事入港した、Y船長よりイクラが無事届いたとのメールがありました。かなりホッとしました。イクラは船で行う船のお別れパーティー(船を売船するため)、そのときのメニューのてまり寿司に使うようです。船長挨拶もあるようで、かなりのお偉方が来るため緊張でしょう。昨日午前に届く予定の千葉に送った荷物が、なんと夜の10時過ぎに着いたようです。いろんなドラマがあるもので、送る側、受付の側、配送する側、苦情を受ける側と人のやることも万全ではなく、反省もありました。
 家内を送ったあと。久しぶりの散歩は浄土ヶ浜一周にしました。はなっつるが出ましたが、時化ていてさわやかでした。今度はマスクが必要です。いいコースがあるのにもっと活用しましょう、でも寒いとねぇ~


  鮭帰る季節となりて竜神の魚供養塔に菊供えをりぬ


  シリーズ3
 昨日の専務にやってしまった屁。それに懲りてもよおした時は、事務所の一角の守衛室でやることにしました。しかしまたもやドラマが~ 大きいところをしたら同僚があわてて守衛室に来て、向こうまで聞こえますよでした。事務所に戻りづらかったです。



 
 午後はガラス磨き、換気扇、レンジまわり、風呂の大掃除と完了。すがすがしい気分です。あと残すはたいしたことはなく、今夜はイブです。と言っても老夫婦二人ではあまり盛り上がらずでしょう。


dc122410.jpg
 閉伊川の対岸(藤原)の造船所も地盤沈下でこのとうりです。


dc122404.jpg
 解体工事もすすんでいます。

dc122411.jpg
 解体現場からみると結構時化てます。サッパ船が2~3艘います、なにを捕っているのか。

dc122406.jpg
 こんなふうです。

dc122407.jpg
 だれもいません、カモメもいません風と波の音だけです。


dc122402.jpg
 静かなときの浄土ヶ浜です。


dc122405.jpg
 遊歩道も歩けません。以前波を足にかぶり、靴下を干したにがい経験から、近寄りません。


dc122408.jpg
 これから登り坂オンリーです、あと20分かな。


dc122409.jpg
 途中の展望台より、蛸の浜がみえます。みんなの思い出のつまった須賀です。


dc122412.jpg
 砂子島、中央の細長い岩はローソク岩、天然記念物です。

dc122403.jpg
 今朝の閉伊川河口です。右が市役所です。

2013年12月23日 (月) | 編集 |

  12月23日  (月)  曇り~晴れ
 午前は下駄箱付近、床の間などの掃除です。家内も休みで床の間担当です。毎年のことですが、たまるのはゴミとホコリだけです。出るのは金と屁だけ? 二人だと格段に早く朝のー4度以下の気温も気にならずでした。残すところはガラスの内側少しと、居間くらいで楽勝です。
 同級生のF氏が、手作り味噌を持ってきてくれました。まだ現役で仕事(自営業)してますが、体のあっちこっちが痛く病院通いらしいです。やはり体と同級生の話題になります、そのうち一杯やることに決定。



  底冷えのつづく海面に海鼠捕る漁師励みぬ厚着姿で



  シリーズ2
 事務所で男だけのとき思い切って屁をしました。前の席の後輩が振り向き変な目配せと、親指で後ろと小さく指差しました。そ~と後ろを見ると専務がいました!すかさずすみませんと誤るも返事なし、しら~っとした空気でした.


 午後孫の咲美が、学校の通知表を持ってきてくれました。とてもいい成績で前もって用意していた、ショートケーキをご褒美です。短時間でしたがとってもうれしいものです。今度は29日に来てその時は泊まります。


 
dc122301.jpg
 F氏よりの手作り味噌です、味をみるのが楽しみです。感謝

dc122303.jpg
 家内特製の大根のはりはり漬けの準備です。  


dc122302.jpg
 麹漬けも順調のようです、あと2~3週間でできあがります、楽しみです。


dc122304.jpg
 外のガラス洗いで軒下で見つけた蜂の巣です、東京の孫初めて見るかな?


dc122305.jpg
 有名ブロガーの奥さんの経営してる、近くのケーキ屋さんのチーズケーキ、ご褒美です。ついでに東京からの孫たちと一緒に、誕生祝いのも注文してきました。


dc122307.jpg
 来ればトランプ、外は寒くしかたないですが~


dc122306.jpg
 通知表です、まだ一度も休んでなく頑張りました。

2013年12月22日 (日) | 編集 |

 12月22日  (日) 晴れ
 今日から過去に正虎が経験?した、いたずらや00の話、失敗談をシリーズで暫らくお届けします。この話はフィクションで、佐倉のじいさまの子供が子供のころに、せがまれて話してやったのをしたためておいたものです。掲載するにあたりかなり下品なものもありまあすが、決して期待と軽蔑などしないでください。短歌の下に一つずつ載せます。

 今日はー1度と思っていたより暖かく、布団を干したり買い物の付き合いで昼過ぎまでサービスタイムでした。午後は宅急便の手配や配り物などの用足し、洗車などで早くも日が暮れます。友人K氏に冬至カボチャの煮物を置いてきましたが、いつの当時から食べてる習慣だったのかなぁ?


  鮑採り終えて水尾(みお)曳き帰りなば波立ち騒ぐ竜神の岬

 シリーズ1 (上の文学的短歌と比較しないでください)
  同僚のタイムカードに印鑑を持参し事務所までとメモをはさんでおいた。金がもらえると喜んだ同僚は総務部長にそれはなんだと叱られたらしい。



dc122201.jpg
 宮古橋から西の山を望む、きれいに雪化粧の山です。


dc122208.jpg
 同じく線路の流出した山田線の鉄橋からです。


dc122204.jpg
 Y船長に頼まれてイクラを送るため、魚菜市場に行きました。遅い時期だけにイクラもいくらか硬くなってるでしょう。

dc122205.jpg
 日曜日にしては空いていました、やはり贈答用の鮭の引き合いが多いようです。


dc122206.jpg
 右にある食堂は結構お客さんです。


dc122203.jpg
 2~3日前に贈呈式のあった、日本一のベアーハンド(熊手)です。浅草のお寺さん(ちょうこく寺)がライオンズクラブ経由で寄付してくれたもので、高さ5メートル 幅3メートルらしいです。


dc122207.jpg
 三陸復興祈願で、宮古には3つめの寄贈らしいです。大きく立派なものです。みんなのありがたい好意に気持ちがよくなります。右上の地方発送の文字、東京に送るのも地方発送って言うのかな?


dc122202.jpg
 佐倉のじいさまの奥様(00子夫人)が40年前、正虎の結婚したときプレゼントしてくれたガウンを愛用してます。あの冬至いや当時は腰紐もありました、が、今古いネクタイで留めてます。みかんの写真は浜松さんの送ってくれたものです。あのころは髪も黒かったしてっぺんもふさふさだったのに~