盆栽・家庭菜園・山歩き・ツーリング大好きの猛虎ファンです
2016年08月31日 (水) | 編集 |

 8月31日  (水)  晴れ   NO、974
 昨日の台風10号は大船渡経由で北上しましたが。ニュースの時間帯と食い違うくらいあっけなく通過でした。それでも通過前は強烈な風雨が家を横殴りに襲って来て、7時前後2分位の停電です。
 朝は台風一過の晴れで、4時過ぎチャンスとばかりクルミ拾いです。案の定先客が居ますが、ポイントを渡り歩きバケツ一杯ゲットです(ネット2袋分かな)。クルミを拾い終えて鍬ケ崎に回ると、道が泥だらけ海はゴミだらけです。台風の規模の強烈さにびっくり。
 家の被害は瓢箪の棚が倒れた位ですが、市内は凄いことになっているようで、新聞も10時過ぎで泥だらけの車にびっくりです。「市内にはいかない方がいいですよ」との配達員の言葉にに従います。

 我が家の被害の一番は停電によるネットの不通です。昨晩は調子が悪い位で寝ますが、朝も不通、午前も。近くの姪SリにSOSです、さすがのSりのギブアップ、仕方なく以前頼んだプロのドクターに電話です。ドクターも市内の清掃による通行止めなどで、午前の予定が夜7時過ぎに来てくれました。ルーターが停電で変になったらしく、暫く時間がかかりリセットし治したりしてようやく治りました。
 ドクターの話では長沢の一角に震災に被災者が建てた、家数件が長沢川の氾濫で流されたようです。気の毒でなりません。宮古は犠牲者は無いようですが、隣の岩泉町は悲惨な状況のようです。

 今回の台風では親戚や友人から、電話やメールで安否を気遣っていただき感謝です。ご心配をおかけしましたが、大丈夫ですご安心を。




 Sさんの俳句  NO、836(網張温泉、犬倉山登山)
 竹 叢 の 尾 根 行 く 秋 の 山 路 か な




DSCN7369.jpg
 今朝のバロメーターです。針が戻って台風が通り過ぎたのが分かります。


DSCN7367.jpg
 9号に続きまたもやヒョウタンの棚が~トホホ~仮止めして終わりです。Y船長も山葡萄やトマトも倒れたとガッカリしています。


DSCN7362.jpg
 雨に流されて一か所に集まっているクルミです。


DSCN7363.jpg
 それを足で踏みつけて殻だけを持ち帰りますが、今日も延べ6時間以上かかっても終わりません


DSCN7360.jpg
 場所によっては先客もいます。女性も暗いうちから拾っていました。


DSCN7361.jpg
 場所によってはこのように土砂崩れもありました。


DSCN7365.jpg
 努力の甲斐?があり今日に収穫です。今日は両腕の指が痛いです。クルミの皮むき後遺症ですかね。


DSCN7364.jpg
 蛸の浜の橋に行きますが思ったより静かな海です。義弟もここに来ていて話をしますが、市内は泥だらけで行かない方がいいと言っています。彼のサッパ舟も無事のようで安心です。


IMG_4301.jpg

IMG_4302.jpg
 日立浜の海岸です、おびただしいゴミで震災後を思い出されます。マンホールからも水が噴き出していました。


DSCN7371.jpg
 テレビ放映のの宮古市役所前です。磯鶏~築地まで通行止めもありました。


DSCN7370.jpg
 パソコンドクターは懸命に治してくれました。佐倉のじいさまのアドバイスも数回しましたが、正虎の腕では無理と悟りました。
 

2016年08月30日 (火) | 編集 |

 8月30日  (火)  雨   NO、973
 昨晩から風や雨ですが朝起きた時には、大した事がなくクルミ拾いに行きます。第一ラウンドゲットですやはり風で落ちているのが多いようです。朝食前から玄関で皮むきです、食事後ものんきにクルミいじりしていたら、浜松さんが心配してくれての電話です。浜松は台風に人気が無いようで全然来ないと言っています。宮古は人気がありますね?

 今回の台風は東北の太平洋側から上陸しそうで、珍しいらしいようですが、市の有線放送も何度も呼びかけです。始めは「避難準備情報」そして「避難勧告」に変わりました。その範囲が?ですが殆どの町内が対象のようで15117世帯33712人です。なんと市民の60%以上が対象とはねえ。

 午後裏山にまたもやクルミ拾いです、雨の降っていない時を狙いますがこれまた正解で家内もついてきましたが60個以上でた。台風でものんきなマイペースに自分でも呆れます。山の監視をしているF氏からのメールで(電波の届く場所に移動して)「猛烈な風雨でヒト、車、作業員無し」とのことです。早めに切り上げてほしいものです。

 本当は写真でも撮りに出かけたかったのですが、宇都宮のN氏からメールで行かないでくださいとの忠告です。素直に従いましょう。一関を通過のようですが早く通過し被害のないことと、明日の作業がないことを祈ります。




 Sさんの俳句  NO、835  (水沢、須川温泉)
 九 つ の 昼 の 鐘 鳴 る 秋 の 寺




DSCN7342.jpg
 このトマトが倒れなければいいですが、色のついたのは家内が早採りでした。


DSCN7340.jpg
 延べ3時間近くかかったクルミです。これに更に60個プラスで、明日もチャンスと思います。いつかは電池を照らして拾っている人もいました。


DSCN7345.jpg
 正虎の台風対策は物干し棒をベンチに結んだだけです。


 昨日からのバロメータを参考までに写してみました。
DSCN7338.jpg
 昨日18時37分のバロメーターです。

DSCN7339.jpg
 今7時朝25分です。

DSCN7341.jpg
 11時16分です。

DSCN7344.jpg
 13時26分です。

DSCN7347.jpg
 16時01分です、黒いシール下は2014年正月の爆弾低気圧の時のものですが、それに匹敵です。今回の台風の中心気圧が965hpaですからそれに近くなってきています。段々と風も雨も強くなってきました。今日は早く休みましょうっと。

2016年08月29日 (月) | 編集 |

 8月29日  (月)  雨   NO、972
 正式には「イワテセダカオサムシ盗採防止のための監視活動」が、今年の分は正虎は今日で終了です。監視も今年で7年目に入りますが、今年の台風も多く晴れが2日は初めてで、山に来る人も過去最低ではないでしょうか。台風一過の後の倒木には参りましたが、これもまた初めての経験です。またクマの話題も多く特に山小屋でのミツバチがクマの襲撃には驚きです。
 
 明日が相方のF氏が最終日ですが、台風10号が上陸しそうでこれも心配です。無理しないで欲しいもので、倒木と土砂崩れには気を付けてほしいです。勿論クマもです。




 Sさんの俳句  NO、834  (水沢、須川温泉)
 秋 寒 や 出 で 湯 を あと に 人 の 声




DSCN7337.jpg
 パソの待ち受けです。


DSCN7326.jpg
 職場に行く途中の道が前の台風での土砂崩れです、誰か石にペイントをしてくれ注意を促しています。


DSCN7330.jpg
 来年まで見納めの小屋からの風景です。画面左下の小さな立て札の根元にクロスズメバチ(スガリ)の巣がまたもやクマに襲われた様です。


RSCN7334.jpg
 昨晩F氏からのメールで、「クロスズメバチの食べ残しをまた襲ったらしいです。執念深いやつです、まだ女王蜂らしき1匹と数匹が頑張っています」でした。罪もないスガリが気の毒ですね、スガリを見つけたF氏もすごいです。中央の灰色のがスガリの巣です。以前孫達とこの水槽でオタマジャクシを採らせましたがあの時いなくてよかったです。今日はいつもより多くの爆竹をさく裂させて注意します。近くにいると思うと言い気持ちではないです、それでも昼休みは昼寝でしたが~


DSCN7331.jpg

DSCN7332.jpg

DSCN7333.jpg
 先日のマタギ氏の話では小屋の爪痕を解説してくれて、上が親グマ下が小クマとか、下の写真の傷は口でかじった後だと教えられました。恐るべきクマです。来年もここにミツバチが巣を作ったらやばいです。


DSCN7328.jpg

DSCN7329.jpg
今朝の散歩で拾ったクルミ65個を小屋で皮ムキです。1時間半かかりました。今日は林業関係の作業員がトイレを借りに来ただけの人でした。


DSCN7335.jpg
 今日は寒くて20度の山小屋です、持参した凍ったペットボトルが全然融けません。勿論長袖着用でした。K氏はズボン下着用です。


2016年08月28日 (日) | 編集 |

 8月28日  (日)  曇り  NO、971
 昨日同様に涼しい朝で17度です。日中も室内で23度と半袖では肌寒いです。午前は拾ったクルミ38個の皮むきや、家内の買い物のアッシー君です。スーパーでもサンマは高く手が出ませんが、水温が高いのが原因のようで気仙沼では昨年の3倍の値の初水揚げの値段とか。これからに期待しましょう。買い物から帰りクルミのポイントに出かけますが、さすがに拾われた後でたった1個の収穫です。やはり早朝がベストです。

 涼しいため庭いじりや草むしりです、たった一ヶ月で草も成長が速く呆れます。土には草の種が宿っているようです。夕方切り上げますが汗びっしょりです、涼しいと言ってもやはり8月ですね。

 いよいよ明日で山の監視も正虎の担当は終了、台風10号が心配ですが相方の監視員F氏は30日です。無理しないで欲しいものです、危険なのは倒木と土砂崩れとクマです。




 Sさんの俳句  NO、833  (水沢、須川温泉)
 高 原 の 湯 宿 の 番 傘 秋 惜 し む



RSCN7262.jpg
 今日もY氏と散歩で会いました、愛犬は立ち話中座ったままでしたが、いざ歩こうとしても嫌がってます。Y氏が太い腕?で懸命に引っ張っていました。


DSCN7316.jpg
 庭はこんなに草が伸びています、根から抜いてもこの調子ですが鎌で刈ったらもっと伸びたでしょう。雑草の生命力に脱帽です。


DSCN7317.jpg

DSCN7318.jpg
 杜松も剪定後伸びてきています、刈った後が下ですがこの葉は下に落としっぱなしだと、葉の先端が鋭くて草むしりによくとげを挿すので要注意です。


DSCN7321.jpg
 上は脚立が庭にめり込むので後回しにしましょう。床屋さんだとこうはいきませんが。

2016年08月27日 (土) | 編集 |

 8月27日  (土)  雨~曇り  NO、970 
 昨晩山の監視員F氏よりメールで、先日紹介したスガリの巣をクマが荒らしたようです。スガリは荒れ狂っていたとかです。ということはあまり遠くない場所でクマは狙っていたのでしょうか?正虎は後一日(月曜日)F氏は2日の当番ですが、注意したいものです。
 昨日のマタギ氏は頭を爪で引っかかれた時、病院では珍しがって治療より話を聞きたがったとかです。爪は刃物のようにスパッと切れ、感染症の予防が先なのにと言っていました。一人での監視ですから、ひっぱたかれて倒れたらと思うと怖いですね。

 今朝は雨降りでしたが、傘をさしてクルミ拾いに励みます。皮を洗ったあと昼前も同様に行ってきました。一斉に実が落ちるわけでないので、数個ずつ拾い場所替えしながらです。孫咲美をプールに送った帰りにも拾い今日は100個越えです。まだ割ってみていませんが大丈夫かな?洗った後でダメだったらシャレになりませんね。



 Sさんの俳句  NO、832  (水沢、須川温泉)
 玄 関 の 湯 宿 の 番 傘 秋 惜 し む


 今日の新聞のに宮古の人の短歌がクマに関連があり紹介です。
 熊除けの大鈴つけしランドセル負ひて二人の生徒が帰る

 なんとも切ない可哀そうな生徒ですね。昔はこのようなことはなかったのに。


DSCN7312.jpg
 パソの待ち受けです。


DSCN7310.jpg
 咲美に将棋をしようと誘われ、金転ばし、ハサミ将棋、本将棋とやりますが全敗です。ここ数ヶ月相撲をしようと言わなくなりました。


DSCN7311.jpg
 今日は肌寒い一日でキャンプ場はバーベキューの一組がいるだけで寂しい風景でした。宮古の夏は短く海は盆波は立ち、明日で海水浴場もクローズです。


DSCN7309.jpg
 雨降りの今朝は16度でした、傘をさしてクルミ拾いはあまり結構なものではなかったです。

2016年08月26日 (金) | 編集 |

 8月26日  (金)  曇り  NO、969
 午前中は菜園に大根の種を撒きます。なかなか植えるチャンスがなく、昨日のキャンプでY氏はもう蒔いたと聞き、また雨の降る前が良いとも言われて早速でした。短パンにTシャツ長靴での作業でしたが、超暑く終わってシャワーを浴びるくらいです。それでもいい汗をかいて気分爽快です。

 午後E氏宅に昨日のキャンプの写真を持参、E氏は几帳面に収支決算を作って待っていてくれました。お互いに楽しかったと笑顔のE氏が印象的でした。


 昨日のキャンプで皆が帰った後、二人連れが山小屋のにやって来ました。なんとその人はマタギのようで、今まで700頭位のクマを獲った(撃った)とか。多い年には30頭の時もあったようで、1時間くらいクマの話をしてくれました。獲ったクマは自分で解体し一緒に行った猟師で肉や熊の胆の重さを測り分けるそうです。食べ物もキイチゴ、クワイチゴ、サクランボ、アリ、クリ、ドングリ、ブナの実、と雑食で、時にはカモシカや仔牛を襲うらしく、近くの牧場でも襲われたことがあるようです。ニュースで放送が無いと我々には聞こえて来ませんが。カモシカをとらえて斜面を30m位転がったのも見たそうです。
 また撃ったクマがかぶさって来て、頭を爪でやられ10針以上縫ったり、かまれた腕は穴が開き絶対離さなかったとか生々しい話でした。今年の人が襲われ4人死亡した時にも、某放送局の記者から電話がありその話では、クマに喰われて骨だけになっていたようです。一匹だけのクマではないようで、むしろラジオや鈴は人の居場所をクマに教えるようで危険ではとも話していました。味をしめたクマは危険ですね。
 今のクマは活動が活発で、特に笹やぶやミツバチの巣が危険で、匂いは風向きによっては10Km位も利くようで犬より嗅覚はいいとか。マタギ氏は秋以降が猟のシーズンで、某町では一頭25000円の駆除の交付金が出ているとか。今のはまだ肝も値打ちが安いようです。某町ではすでに16頭が駆除されているようです。

 貴重な生の声を聴けましたが、どうやら山小屋のミツバチの話を聞いてやって来たようで、ここには来春にはまた同じにツバチが巣を作るとも言っています。巣が出来るとクマが狙うだろうしクマったものです。山小屋のクマの爪痕を見て子クマも一緒だなと言っています。 




 Sさんの俳句  NO、831  (水沢、須川温泉)
 身 に 入 む や 濛 々 朝 の 露 天 風 呂 




DSCN7300.jpg

DSCN7301.jpg
 若武者高山が初の満塁ホームランです、チャンスをものにできるのが良いですね。


DSCN7303.jpg
 今朝はきれいに朝日が見え真面目な顔で手を合わせます。


DSCN7304.jpg
 プランターを散歩のカタツムリ発見です。


DSCN7305.jpg
 正虎ファームは大根を撒きました。手抜きで石灰を撒かなかったので不安です。


DSCN7307.jpg

DSCN7306.jpg
 E氏宅の帰りの大通りですが、コスプレ大会でしょうか?某高等学校の3年生が学園祭のPRのためらしいです、この暑い中やはり若者ですね、うらやまちぃ!


RSCN7296.jpg
 昨日のマタギ氏(前を歩いている人)です、貴重な話でしたが講演会でもやれば面白いですね。


 

2016年08月25日 (木) | 編集 |

 8月25日  (木)  晴れ  NO、968
 昨日から毎年恒例の源兵衛平でのキャンプでした。メンバーは変わらずですが、一人だけ霊感が強く昨年から欠席、あと一人は都合が悪く4名の参加でした。今年は正虎の都合により恒例の温泉旅行に行けなく、サ先日のクランボ採り以来の再会です。
 平均年齢73歳のキャンプですが、気の合う仲間はとってもいいもので話題も共通していて話が尽きません。Y果樹園のY氏はトウモロコシやスイカ、野菜の差し入れをしてくれ、久しぶりのバーベキューで栄養を付けてきました。
 やはりクマの話題になり何発かの爆竹を鳴らしますが、高齢者だけに寝るのも早く起きるのも4時過ぎには皆起きています。さすがに高原だけに少し涼し過ぎる夜でした。

 いつまでこのメンバーでキャンプができるか不明ですが、できるだけ持続していきたいものです。次回は忘年会があり楽しみです。




 Sさんの俳句  NO、830  (水沢、須川温泉)
 乳 色 の 源 泉 流 る 秋 の 川




DSCN7299.jpg
 パソの待ち受けです。

DSCN7277.jpg
 山に向かう途中の渓流は台風の影響で水量が増していました。


DSCN7293.jpg

DSCN7294.jpg
 至る所で木が倒れていて、林業関係者が整理してくれていたため大助かりです。


DSCN7280.jpg
 相方の監視員F氏が札を立ててくれていますが、クロスズメバチ(スガリ)の巣があるようです。お蔭で刺されずに済みました。


DSCN7278.jpg
 またもやトンズラ発見です、気を付けていれば発見があります。


IMG_4292.jpg

IMG_4294.jpg

IMG_4295.jpg
 4時過ぎの山での風景です、牛はまだ寝ているのもいますがクマが怖くないのでしょうか。


IMG_4296.jpg

IMG_4297.jpg
 パトロールの途中の展望台からです、早池峰山は見えませんでした。 


DSCN7282.jpg
 5時半スタートですがY氏とK氏です。まだ外は明るいですね。


DSCN7292.jpg
 そろそろ寝るころですが、ウイスキーのボトルが空になっています。なぜか皆同じ色のタオルを首に巻いていました。今回はいやにポックリ行きたいとか、ピンピンころりがいいとかの話題もでましたが皆前向き人間です。

2016年08月23日 (火) | 編集 |

 8月23日  (火)  曇り  NO、967
 昨晩は台風9号が大暴れして通り過ぎました。朝起きるとなんとヒョウタンの棚が倒されています。ヒョウタンは今年で止めようと思っていた矢先ですが、超悔しい限りです。そのほかの被害はないものの、思わぬ副産物も在ります、それはクルミで173個も拾えまました。朝から洗ったりしても消化できずですが、昨日の3倍もの収穫でした。

 昨日から宇都宮の友人N氏が、宮古に来ています。不幸があり急きょの宮古のようですが、なんと彼は一昨日の作新学園で甲子園に行っていました。今年2度も甲子園での作新学園を応援ですから、あきれるやら羨ましいやらです。時間を作ってくれて午後ドライブをし、夕方から食事でした。何年たっても友は良いもので、最近は後何回会えるかなと思うようになり老化を感じます。再会を祈り別れました。

 明日は山の監視に、友人たちが合流しキャンプに来てくれます、皆が高齢者ですが童心に帰り楽しんで来ます。よって明日のブログはお休みさせていただきます。




 Sさんの俳句  NO、829  (水沢、須川高原)
 世 嬉 の 一 杉 玉 在 り て秋 お し む




DSCN7271.jpg
 無残なヒョウタンの棚です、にっくき台風ですが棚を支える棒が細すぎでした。


DSCN7273.jpg
 仮復旧ですがヒョウタンがいじけずに育ってほしいものです。


DSCN7274.jpg

DSCN7275.jpg
 思わぬ副産物ですが、中身の実入りはまだ点検しいていません。少し心配の早採りクルミです。


DSCN7276.jpg
 N氏を山王岩でパチリです、作新の裏話などを聞かせてくれたり何時ものN氏でした。卒業以来付き合ってくれている友人に感謝です、お互いの健康を考えて今夜は少しの酒で別れました。

 

2016年08月22日 (月) | 編集 |

 8月22日  (月)  雨~曇り  NO、966
 台風9号はこれからでしょうが、山は幸いに雨のみで何とか監視をしてきました、この天気ですから誰も上がってこなく、林業関係者が往ったり来たりです。雨で作業も中止になったようです。K氏とも話していますが今年の台風は早くきて、東日本を直撃といつもと違いようです。台風の被害のないことを祈ります。気候が変で山で毎年見る「フシグロセンノウ」の植物が見えません。

 今朝も4時半散歩ですが、今日は7~8人と会い皆暑くならないうちに歩いているようです。珍しいのはY氏と会ったことで、愛犬(柴犬)は肥満傾向で散歩が嫌がっていました。犬に引っ張られるのでなく、逆に引っ張っての散歩も良いのかもしれません。
 今日のクルミは50個位ゲットです。順調のようですが時期が早く、一度実を割って点検しましょう。

 今日は家内の何歳目かの誕生日です、台風が来る前にその辺のレストラン(本当は食堂?)二人っきりの食事です。




 Sさんの俳句  NO 828  (常磐、岩城、塩屋崎灯台)
 み だ れ 髪 歌 碑 を 背 に し て 秋 の 海



DSCN7260.jpg
 裏庭のホオズキが色づいて来ました、だんだんと秋にむかっています。


DSCN7259.jpg
 タラの木も花がはなばなしく咲いています。


DSCN7264.jpg

DSCN7265.jpg
 2㎝位のハッタギが山で来客です。まだ小さくこれでは大人になれないようです。触角だけは長いのですが~


DSCN7256.jpg

RSCN7262.jpg
 今朝の散歩に一コマですが、Y氏の愛犬もメタボ的で父親(Y氏)は懸命に引っ張っています。

2016年08月21日 (日) | 編集 |

 8月21日  (日)  雨~晴れ  NO、965
 またもや台風の嵐です、11号とかですが9号も後から来そうです。先日の教訓を生かして、今日は雨合羽も積み込みます、雨の中を倒木と格闘とか土砂崩れを治すとか、とりあえず準備だけはしておきます。
 案の定行く途中岩が少し崩れています、地盤が柔らかくなっているようです。

 山ではこの天気で誰も登って来なく、読書三昧と午後からは甲子園大会の決勝をラジオで聴きます。同行のK氏も北海高校の応援ですが、やはり格の違いか作新学園の優勝です。すると電波が届く下まで来ると宇都宮のN氏から、メールが届いています。甲子園に夫婦での観戦らしく添付写真に、甲子園スタジアムです、まさかまさかの驚き桃木です。

 東京の孫の紗美からも、台風を心配してくれてのメールが届いています。心配してくれるとは可愛く嬉しいものですね。



 Sさんの俳句  NO、827   (常磐、岩城、塩屋崎灯台)
 篝 火 も 焚 か れ て 秋 の 露 天 の 湯



DSCN7241.jpg
 昨晩は20盆の松明しでした、所によっては20盆もお墓参りするところもあるようです。先日紹介のお盆玉はネットにも載っていますが、コンビニや郵便局でプチ袋を売っているそうです、空恐ろしい習慣になりそう~


DSCN7242.jpg
 刈屋のお寺は立派な梵鐘があります、市内ではあるのは常安寺位でしょうか。ここの住職が以前の研修会で、御詠歌の指導をしてくれて、先日その時の写真を届けて来ました。人懐こい住職で友達になりたいような人です。

DSCN7243.jpg
 山の途中は岩が少し崩れていました、これ以上崩れないでいてほしいです。明日はともかく明後日のF氏の出勤がが心配です。


DSCN7245.jpg

DSCN7248.jpg
 帰るころには青空が広がっていました。明日からも台風接近で最近は変な気候です。


DSCN7246.jpg
 今日はこの本を半分読み、贅沢なバイトです。


DSCN7250.jpg

DSCN7252.jpg

DSCN7251.jpg
 今日は林業関係者は休みですが、このように伐採した木は整理されて、札が付いています。丸太の径を測っていたのは女性でした。


DSCN7244.jpg
道にはこのように雨水がたまります、水をサイドに流すため少し働きます。


DSCN7249.jpg
 ぶら下がっているのは沢グルミの実?です。