盆栽・家庭菜園・山歩き・ツーリング大好きの猛虎ファンです
2016年09月30日 (金) | 編集 |

 9月30日  (金)  晴れ   NO、1002
 昨日夕方アケビの棚にカラスが群がっています。まさかアケビまでも狙うとは賢い生き物です。ホウズキ、タラの木の種、アケビと今年我が家は狙われているようです、年金生活者をいじめてくれて悔しい限りです。

 アケビの棚には今朝網をかぶせて一件落着ですが、彼らもエサに困っているようです、大根の葉もアオムシに喰われたのも初めてで今年は変な年です。エサと言えば昨日岩手朝日テレビでクマの報道をしていました。ブナなどのエサが不作でふもとまでエサを求めて来ているようです。ハチミツも荒らされ養蜂家は嘆いていました。




 Sさんの短歌  NO、12  (津軽、不老不死温泉)
 紅 葉 の 竜 泊 ラ イ ン 超 え 来 れ ば
  瞰 下 竜 飛 の 灯 台 の 見 ゆ




DSCN7835.jpg
 パソの待ち受けです。橋がこんなにも氷付くとはびっくりです。


 昨夕の岩手朝日テレビです、参考までに。
DSCN7842.jpg

DSCN7840.jpg

DSCN7839.jpg

DSCN7846.jpg

DSCN7848.jpg

DSCN7844.jpg
 出没情報はは一年おきみたいですが、生まれる子供と関係があるのでしょうか?くれぐれもクマには注意しましょう。匂いにつられて家に侵入しなければいいですね。


DSCN7852.jpg

DSCN7850.jpg
 今朝は11度と今シーズン最低気温です。他の散歩をしてる人はジャンパーを着ていました。


DSCN7854.jpg

DSCN7855.jpg

DSCN7856.jpg
 工事中のトンネルをくぐってみました。トンネル内は舗装されていますが、他はまだでした。早池峰山と薬師岳はまだ雪をかぶっていません。


RSCN7837.jpg

DSCN7858.jpg
 無残にも喰い散らかされたアケビです。もっと人にあげればよかったです。カラスもカメラを向けてもいやな声で鳴いて逃げなく、ふてぶてしい生き物です、いや頭がいいのでしょう。


DSCN7857.jpg
 今朝網をかぶせて防御態勢確立?です。


RSCN7865.jpg
 岸壁でもカラスが贅沢にも魚をゲットしつまんでいました。カモメも寄ってきますが追い返されていました。


RSCN7866.jpg
 カラスを撮っていると、船の大きなクラクションが鳴りました。ヨットが2つ前に居てのクラクションで、強烈な大きい音で初めて聞
ました。




 

 

2016年09月29日 (木) | 編集 |

 9月29日  (木)  雨曇り   NO、1001
 昨晩からの雨で散歩は昼過ぎ、傘をさして行ってきます。秋の味覚の影響か体重が2kgほど増えています。もっと歩かねばと思いますが、食べること=体重増なので食べ物も少し調整しましょうか。

 午前中は雨で庭にも出れず、ラジオを聴きながら読みかけの本読みでした。坐っていると眠気が襲ってきて、朝が早いためか長時間は無理で老化の表れでしょうか~

 裏庭に植えているホウズキが初めてヒヨドリのエサになっていました。タラに木に実っている種にもすごい群がっていて、まさかホウズキまでとはふてぶてしいヒヨドリです。またネットをかけて置いたイチジクも、ネット越しにカラスに喰われて恐るべし野生の生き物です。




 Sさんの短歌  NO、11  (津軽、不老不死温泉)
 海 ぎ し の 不 老 不 死 な る 露 天 風 呂
  入 り し あ 朝 に 鳥 あ ら は る
          (あした)




DSCN7823.jpg

DSCN7824.jpg

DSCN7822.jpg
 今日読み終えた本です。大分前に出版されていたものの文庫版ですが、11歳から65年間アイヌのクマ(ヒグマ)の猟師のインタビューの本ですが、読み応えがありクマの生態も少しは理解できたような気がしました。


DSCN7827.jpg

DSCN7825.jpg

DSCN7826.jpg
 泣き坂コースの散歩ですが、ミツバチの巣が3か所にありますがハチは活動していません。ここで蜂蜜がたまればクマが怖いですね。


RSCN7829.jpg
 七軒町の上から港が見えて、今日はサンマ船は入港していなく、雨の中ヨットが練習しています、国体のためでしょうか。


DSCN7832.jpg
 ネットの上から喰われたイチジクです、カラスのようですが「ネットの上から熱湯?でもかけてやりたいとシャレを言います」が、家内は「やってみれば」と冷ややかです。


DSCN7818.jpg

DSCN7819.jpg
 ホウズキも被害とは悔しいですね。


DSCN7820.jpg

DSCN7821.jpg
 咳止め用にハチミツ漬けに良いのですが、いつもこのようにして干して色を楽しんでいます。

RSCN7834.jpg
 散歩の帰りにバチの当たったヒヨドリが、羽を炒めていや痛めて飛べないでピーピーしていました。保護する気にもなれず帰ります。


DSCN7833.jpg
 今日の収穫ですが、ヒヨドリやカラスのあ余り物を食べているようです。トマトも熟したのを狙いますから困ったものです。
  

2016年09月28日 (水) | 編集 |

 9月28日  (水)  曇り   NO、1000
 今朝も早く目覚め久しぶりに、浄土ヶ浜の散歩です。丁度はまぎくが見ごろとなっていて、曇ってはいましたがきれいな白い花が印象的でした。早朝ですから仕方ないですが、散歩をしている人も正虎を含めて4人です。もったいない?はまぎくの浄土ヶ浜でした。

 昼前から庭や盆栽の手入れです、ヒョウタンの実が落下していて、ついでに倒れた棚やヒョウタンも切り取ってしまいます。早々と葉も枯れてしまって、落下し栄養も行き届かなり決断です。今シーズンでヒョウタンの栽培は、やめてしまおうと思っています。僅かな空いたスペースには野菜でも植えましょう。


 今日で正虎のブログが1000回になりました。思えば佐倉のじいさまの指導の下2013年に始めたブログですが、まさか1000回まで行くとは思いませんでした。日数を数えてみると1091日で1000回ですから、91,6%の更新率?でまずまずでしょうか。それくらい暇だということでしょう。始めの頃は写真を消してしまったりでじいさまの手を大分煩わせていました。改めてじいさまと見てくれている皆さんに感謝です。中身のないピーマングログを、いつまで続けられるか分かりませんが宜しくです。



 Sさんの短歌  NO、10  (津軽、不老不死温泉)
 不 老 不 死 の 出 で 湯 に 入 り て 岩 礁 の
  白 波 見 つ つ し ば し 憩 ふ




DSCN7815.jpg

DSCN7816.jpg
 台風で倒れて枯れて落ちてのヒョウタンですが、せめて実を生かせるのはと思い穴を開けて水分を抜きます。霜が降りるころまで置きたいのですが、腐って黒くなったものもあります。


DSCN7814.jpg
 某氏から荷物が届き、嬉しいことにアニキの顔の「勝ちの種」が入っています。時すでに遅しですが、発作的5連勝の最後のあがきにいいプレゼントです。残り2試合ですが最後まで頑張れです。


DSCN7787.jpg

DSCN7791.jpg
 港は釧路船籍のサンマ船と定置網船で活気があります。定置網には20人近い船員が乗っています。鮭漁に期待です。


DSCN7793.jpg

DSCN7796.jpg
 ターミナル脇の遊歩道も台風の土砂崩れで侵入できませんが、正虎は不届きにも入って行きます。


DSCN7800.jpg
 お台場(中の浜)にはまだ流木が山になったままです。


DSCN7807.jpg
 昨年の台風23号で壊れたものの、入札不調(札が入らなかったようです)で手つかず、今年も更に壊されてみじめな国立公園です。ここで海水浴ですから、いくら仕事があるからといってこれはないでしょう。


DSCN7812.jpg

DSCN7810.jpg

DSCN7813.jpg
 日に日に水平線から陽が昇らず、月山経由になっていきます。突然自転車が走って来てびっくりポンです、初めてここで見たような自転車でした。


DSCN7802.jpg

DSCN7808.jpg

DSCN7803.jpg
 丁度見頃のはまぎくです、流木の傍でも咲いていますが気の毒です。 

2016年09月27日 (火) | 編集 |

 9月27日  (火)  曇り   NO、999
 午前中はベランダのクルミの整理などをします。まだ完全にネットに入れ切れていませんが、昨年より収穫できたような気がしします。今シーズンはバイクでの遠征収穫はなかったものの、良い場所に恵まれ散歩でもコンスタントに拾えたようです。

 クルミもこの辺ではオニグルミがほとんどですが、ヒメグルミも何個か拾えました。あと一種類カシグルミがありますがこの辺では自生していません。写真で紹介しますが、同じクルミでも遺伝子なのか形や大きさが違っていて、新たな発見でした。それでもどのクルミが大きいとか小さいとか、忘れている認知的正虎です。

 午後Y船長が病院の帰り寄ってくれて、早速K氏の処で恒例の温泉旅行の打ち合わせです。今回は県内にしようとすぐに決まり、予約もできて11月初旬に行くことになりました。年に2回も温泉旅行も行けて、お互い元気でいることに感謝です。今回の旅行のテーマ?はデイサービスになりそうで、Y船長もニヤニヤしています。




 Sさんの短歌  NO、9  (津軽、不老不死温泉)
 薄 暗 き 時 雨 の 道 に 十 二 湖 は
  水 底 蒼 く ま ほ ろ ば な り き




DSCN7777.jpg
 昨晩見事な秋の味覚のマツタケが届きました。家内の友人が届けてくれたもので、高価なだけに恐縮と感謝です。今夜はマツタケご飯、近所にもおすそ分けです。贅沢すぎますね。


DSCN7778.jpg
 パソの待ち受けです。雪の山が見えますがあと2か月もすると、盛岡の山はこのようになるでしょう。


RSCN7784.jpg
 今朝は雲から陽が昇りきれいでした。


DSCN7785.jpg
 このパンフで温泉を捜しますが、我々の条件の部屋食が少ないのが難点です。
 



DSCN7780.jpg
 両サイドのブルーのネットを今度は赤いネットに入れ替えます。この量ですから家内に魚菜市場で売ってきたらと小ばかにされます。そして「お父さん(義父)に似てきた」とも言われます、思えば父が亡くなってから拾い始めたようです。


DSCN7782.jpg
 上2列がオニグルミ、2列目左2個は3か所に割れるもので、大きさも形もピンキリですね。3段目がヒメグルミこれも同様ですが、今年は双子(右側)を見つけてラッキー?です。4列目は正虎は手のひらで転がしたり、握ったりした健康法で手垢で光沢が良いですね。以上クルミの品評会でした。

2016年09月26日 (月) | 編集 |

 9月26日  (月)  曇り   NO、998
 朝起きて菜園を見てびっくりポンです。何と大根の葉と葉牡丹の葉がすっかり食われています。数日前からおかしいと思っていましたが、ものの見事にやられました。さっと見ても虫らしきものは見えずにいましたが、気づくのが遅すぎました。正虎の適当な正確がもろに出たようで、反省ですが無農薬にこだわり過ぎたようです。

 午後Y船長宅に用足しです、話題になったのはデイサービスのことでした。認知麻雀の会のメンバーが一緒に、同じ施設に入れればいいとの結論でした。いずれは世話になるであろう、老後?(現在も)に向けての話題はこれからも続きそう?です。




 Sさんの短歌  NO、8  (秘境、夏油温泉)
 輩 と ゆ き し 「夏 油」 の 露 天 風 呂
 (ともがら)
  分 き と お り て 濁 流 の 底




DSCN7776.jpg
 いわき船籍のサンマ船が氷を積み込んでいます。コンベアーで積み込んでいますがどれくらい積むのでしょうか。


DSCN7774.jpg
 日立浜の防潮堤もここまでできました。


DSCN7775.jpg
 「なあど」の西側にも防潮堤でしょう。すっかり塀に囲まれそうです。


DSCN7771.jpg
 玉ねぎは順調?に生育しています。


DSCN7766.jpg

DSCN7773.jpg
 トホホな大根とハボタンです。管理不十分ですね。


DSCN7767.jpg

DSCN7765.jpg

DSCN7763.jpg
 よくよく見ると大きなのがいました、く くやちぃです。緑色の大きな糞までしています。


DSCN7770.jpg
 早速一か所に集めて処刑します、気づかなかった正虎の不覚です。昨年は大丈夫だったのに~

2016年09月25日 (日) | 編集 |

 9月25日  (日)  晴れ   NO、997
 朝急に思い立って、岩泉の大川地区に台風のその後を見に行ってきました。この地区は余り報道されていなく気になっていました。いつもの摂待の産直でドーナッツをゲットし、食堂もない山奥の道を目指します。45号線に抜ける途中で予定が通行止め、お蔭でドーナッツがお昼代わりになりました。
 それがなんと正解で、クリやクルミがいたる所に落ちています、貧乏性なのかせこいのか正虎と家内は張り切って拾いますが、とても面白いほど拾えて、早速近所に秋の味覚をおすそ分けです。

 傑作だったのは拾っていたら、家内が走ってきました、多分蛇でも見たと思ったら、拾っている家内に民家の人が「何をしている」と言われたらしく慌てています。道の脇で拾っているので、犯罪ではないのに慌てて逃げてくるとはと大笑いします。
 



 Sさんの短歌  NO、7  (秘境、夏油温泉)
 せ せ ら ぎ の 音 を 聞 き つ つ 四 か 所 の
  露 天 湯 め ぐ る 秘 境 に 夕 べ
 



DSCN7740.jpg

DSCN7742.jpg
 豪栄道がやってくれました、つられて涙が出て来ます。大阪に力士の優勝は86年ぶりとか、来年の阪神ももしかしたらと期待を持たせてくれます。稀勢の里も阪神同様期待を裏切って残念です。


DSCN7759.jpg
 夕方姪のSりが愛犬「リンダ」いや「リン」を連れて寄ってくれました。正虎にはなついてくれるのに、Sリのお父さんにはイマイチとか。


DSCN7755.jpg
 まだ稲刈りを終えていない田んぼが眩しい位の黄金色です。ここ刈屋の田は台風の被害がなかったようです。


DSCN7753.jpg

DSCN7752.jpg

DSCN7748.jpg

DSCN7749.jpg
 想像以上の被害に驚きでした、やはり沢からの水が道をふさぎ、川も大きく旋回している所に流木が重なっていました。震災同様復興の技官がかかりそうです。岩泉の生活橋は100か所も壊れたようです。


DSCN7746.jpg
 こんなところにクリが落ちていました。孫達にも拾わせてみたいものです。


DSCN7744.jpg

DSCN7754.jpg
 葉っぱの影や道端に落ちていて面白いほど拾えました。下の場所では500個以上も拾えました。


DSCN7745.jpg
 家内も本気になって拾っていました。


DSCN7750.jpg
 川の傍にはクルミです。ここだけでバケツ一杯拾えました。


DSCN7756.jpg

DSCN7761.jpg
 今日の収穫ですが、クルミは生の皮を取れば半分になりました。山クリの方が旨いような気がします。




2016年09月24日 (土) | 編集 |

 9月24日  (土)  晴れ   NO、996
 午前中は買い物のアッシー君です、昼前帰ってからイチジクにネットをかぶせます。3,6m四方のネットですが、イチジクの方が高さも高く面積も広くてネットが小さかったようです。取り付けてから夕方までヒヨドリ一匹と少しは効果があるようです。ネットが小さく隙間が空いているので、そこからが心配ですが今年はこれで行ってみます。

 久しぶりにバイクを磨き孫の咲美を待ち、スイミングに送って行きます。2時半前に出ますが、2時45分ピッタリにプールに着いてほしいらしく、リクエストはそれに合わせて遠回りです。今回は日出島経由で行きますが、写真を撮ってやると言っても最近は「後で」と嫌がっています。そして必ず「今何分?」と聞いてきて、時間にシビア」?な咲美です。降りる時「次もお願いします」と嬉しいことを言っていますが、いつまでバイクに乗ってくれるでしょうか?




 Sさんの短歌  NO、6  (秘境、夏油温泉)
 幾 曲 り 左 右 の 渓 谷 見 放け
  四 方 の 山 辺 は 紅 葉 な り け り




DSCN7739.jpg
 パソの待ち受けです。


DSCN7731.jpg

DSCN7732.jpg
 今朝の朝日です。まだ霧がかかっていました。


DSCN7736.jpg

DSCN7737.jpg
 近所からサバを貰います、早速家内のリクエスト?の味噌煮を作ります。


DSCN7738.jpg
 義息子からは高価なそして正虎の大好物のメカジキを貰います。半分を今日半分は明日頂きます。今日はお神酒になりそうです。感謝とラッキーな気分です。


DSCN7733.jpg
 ネットの両サイドに竹を通して張ります。蟇目のY果樹園のオーナーが昨年、流しソーメンの竹と一緒に届けてくれたものが活躍です。


DSCN7734.jpg

DSCN7735.jpg
 下の方と脇に隙間が出ましたが我慢しましょう。来年はもっと強力なものを考えましょう。
  
 

2016年09月23日 (金) | 編集 |

 9月23日  (金)  曇り雨   NO、995
 今朝は20羽近いヒヨドリが、我が家のイチジクに群がっていました。このような数は初めてで、早速対策委員会です。ホームセンターで「鳥害対策用」の赤と銀のテープを買って張り巡らします。効果のほどは分かりませんが、ダメだったらネットをかぶせる予定です。折角食べごろのを食い散らかされて悔しいもので、毎年配っている人も「便秘に効くのよねぇ」と時々見にきてプレッシャーもありますが、ヒヨドリとカラスの養殖をしているようです。

 午後Y船長夫妻が来てくれてお茶飲みです。どっさりクリを持ってきてくれました、田舎ならでは貰ったりあげたりでの季節の味です。
彼も菜園ではキツネやカラスで困っていて、やはりネットが有効とのことでした。明日あたり天気がよかっららネットを張りましょうか。




 Sさんの短歌  NO、5  (角館、田沢湖、蟹場温泉)
 会 議 へ て 蟹 場 出 で 湯 の 露 天 風 呂
  も の か な 灯 に 湯 の 香 漂 ふ




DSCN7720.jpg
 パソの待ち受けです。


DSCN7721.jpg

DSCN7722.jpg
 パソコンの待ち受けのようではなく今朝は雨上がりでしたが、途中で降りだしてそそくさと逃げ帰ってきました。勿論クルミ拾いは中止です。


DSCN7723.jpg
 今日も港では台風10号の流木をあげていました。ご苦労さんです。


DSCN7724.jpg
 紋別船籍のサンマ船が入港しています、大漁でしょうか。


DSCN7728.jpg
 ヒヨドリめがけて棒を投げつけますが、棒もボウッとして壊れてしまいました。


DSCN7726.jpg
 悔しいかな見張り番も出来ませんし、爆竹は近所迷惑だし困ったものです。


DSCN7727.jpg
 とりあえず張っては見たものの、効果やイカはいかがいやいかにです?

2016年09月22日 (木) | 編集 |

 9月22日  (木)  曇り   NO、994
 午前中はいつものバーバーTに行ってきました。床屋さんはさすがに色んなお客さんが来るだけに、先日の台風の話は初耳が多かったです。ツーリング仲間がバイク(ハーレー)が浸水したり、松山で震災で新築の家が浸水したり、宮町では土地が低くポンプでくみ上げだったのが、ポンプが水没して機能しなく浸水の被害とかです。人災との指摘もある台風の被害ですが、本当に気の毒なことです。

 午後はシンピジュームの株分けや植え替えです。今年は花芽が着いてい無いようで、春の植え替えまで待てなくやってしまいました。10年近く植え替えていないため、根がすっかり回って難儀しましたが、来年以降は元気になるでしょう。母が残してくれたものですが、好きな人がいたら分けてあげたいものです。




 Sさんの短歌  NO、4  (角館、田沢湖、蟹場温泉)
 研 修 の 出 で 湯 の 宿 の O B 会
  通 信 談 議 に う た げ は 弾 む




DSCN7709.jpg
 今朝のM果樹園からの月山です。このコースもクマを警戒し最近歩いていませんでしたが。


DSCN7716.jpg
 床屋さんの帰り咲いていたクロッカス発見です、随分早いのでびっくりでした。


DSCN7710.jpg
 佐倉のじいさまがインストールしてくれた、パソコン麻雀で正虎得意の「大三元」です、一人悦に入っている正虎です。昔は「大三元の正」と呼ばれた時もありました?自分で言っているだけです。



DSCN7711.jpg

DSCN7715.jpg
 大きくなりすぎた株を切り離します。古いバルブもついでに切り離します。

DSCN7712.jpg
 先日盛岡で買っておいた鉢に植え替えです。鉢が足りなくなり買いに行きますが、盛岡より種類が少なくごまかしで植え替えです。

DSCN7717.jpg
 根はすっかり回っていて、鉢から抜けなくて大変でした。この根も半分くらいカットして植えこみます。

DSCN7718.jpg
 作業完了です、株分けで4鉢増えて12鉢になりました。来年こそ花を観たいものです。




2016年09月21日 (水) | 編集 |

 9月21日  (水)  晴れ   NO、993
 朝から豊間根の自分の山に、台風の被害とミョウガを採りにバイクで出かけます。案の定隣の山と堺にある沢がえぐれたり、ゴミが自分の山の方に流れています。おまけに松の木が3本ばかり倒れていました。後日修復に行かねばなりません。
 ミョウガはまだ早く全然芽が出ていません。帰りは農道や町道を通ってクリやクルミ拾いです。途中偶然にもY船長夫妻とばったり、彼たちも道の傍で栗拾いでした。アウトドア的な天気だったので考えることは同じだと笑って来ました。

 腹帯の友人宅に用足しで、ついでにバイクで行きます。この帰りも旧道でクリ拾いで、全部で2升くらいも拾えたでしょうか。往復170km位の快適ツーリング的栗拾いに、大満足な一日でした。

今朝も頭が冴えています、「高速増殖原型炉もんじゅ」のニュースを聴き、「時代劇にもんじゅが出演したら(木枯しもんじゅろう=木枯し紋次郎」と言いますが、家内は「意味がない」とけんもほろろです。山でも沢が掘れているので「三橋美智也の哀愁列車の(ほれぇて~ほれぇて~)」と歌いますが「考えられない」とさっぱり受けません。




 Sさんの短歌  NO、3  (角館、田沢湖、蟹場温泉)
 瑠 璃 色 の 湖 畔 に 立 つ た つ こ 像
  き ら め き 見 ゆ る 点 景 と し て




DSCN7704.jpg
 パソの待ち受けです。


DSCN7681.jpg
 今朝の朝日です。段々東の方から昇ってきています。


DSCN7683.jpg
 今朝の散歩では双子のヒメクルミを発見です。大きいため潰すと2個くっついていました。


RSCN7705.jpg
 腹帯の川ではこのような車です、誰も乗っていなかったのでしょうか。


DSCN7701.jpg
 道の駅にはマツタケが並んでいました。


DSCN7684.jpg

DSCN7694.jpg

DSCN7702.jpg

DSCN7703.jpg

DSCN7707.jpg
 毎年のクルミのポイントですが、ここの木だけでバケツ8分目も拾えました。採ってからの最近習得の必殺技がさく裂し、15分で袋詰め完了です。下の写真左は生の皮、右を更に棒でかき回して完了、これで袋1杯になりました。以前一個一個やっていたのが嘘のようです。研究は?してみるべき?


DSCN7699.jpg

DSCN7700.jpg

DSCN7706.jpg
 家内は藪には入りませんが、採るのが楽しいようで張り切っています。バイクに揺られて少し疲れたようです。クリはゆでたあと早速仏前にお供えします。


DSCN7685.jpg
 山に行く途中の踏切も石が流れてきています。


DSCN7691.jpg
 松の木もこの有様です、枯れた松だったので安心でした。


DSCN7686.jpg
 道が増水して川に掘れてえぐれています。


DSCN7689.jpg
 ゴミや木が流れてきています。低い方に流れる法則ですかね。


DSCN7693.jpg

DSCN7692.jpg
 どうしてこのように土が見えているのか不思議です、3か所ほどあり水の通る場所でもないし変な現象です。


DSCN7690.jpg
 流されながらも懸命に咲いている花もあります、感心な花です。